トレンドの方向が分かるMT5インジケーター「MACD」

投稿日時:2018年12月24日 07:49

MACDスクリーンショット


MACD(Moving Average Convergence-Divergence:移動平均の収斂と乖離)は、MACDラインとシグナルラインの2本の線で構成されており、MACDラインがシグナルラインを下から上に抜いた場合、買いが優勢である可能性を示唆し、MACDラインがシグナルラインを上から下に抜いた場合、売りが優勢である可能性を示唆しています。


MACDラインは、終値の12日指数移動平均線(12日EMA)と26日指数移動平均線(26日EMA)を基に以下の様に算出されます。


MACDライン = 12日EMA ― 26日EMA


シグナルラインはMACDラインを9日指数移動平均することで算出できます。


MT5ではMACDは、ヒストグラムとして表示される為、見方になれる必要があるかもしれません。


MACDの入手方法


MACDは標準で、MT5に組み込まれており、「ナビゲーターウィンドウ」の「インジケーター」→「トレンド系」→「MACD』をダブルクリック、または、右クリック→チャートに追加で表示することができます。


これでサブウィンドウにMACDが表示されました。


MACDのパラメーター解説


MACDパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


短期EMA

短期EMAを算出する期間

長期EMA

長期EMAを算出する期間

シグナル

MACDの指数移動平均を算出する期間

適用価格

EMAの算出に使用する価格


MACDも単純移動平均のゴールデンクロス・デッドクロスの様に、価格に敏感に反応するラインが、緩慢に動くラインを抜けることによってシグナルを発しますが、MACDは単純移動平均線を用いた場合に比べ、相場のノイズの影響を受けにくいという特徴があります。


単純移動平均線のダマしのシグナルに悩まされているという方は、導入を検討してみてもよいのではないでしょうか。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事