平滑化処理を施したMFIを表示するMT5インジケーター「MFI_smoothed」

投稿日時:2019年01月04日 04:47

MFI_smoothedスクリーンショット


ボリュームはどの程度活発に取引が行われているのかを示すインジケーターで、分析に取り入れたいと考えている方もいるのではないでしょうか?


この記事で紹介するMFI(Money Flow Index)は、買いと売りどちらの方に資金が流れているのかを示すインジケーターで、株式市場では株価と出来高を基に算出されますが、FXでは出来高の代わりにボリュームが使用され、以下の方法で算出されます。


TP = (高値+安値+終値) / 3


MF = TP × ボリューム


PMF = TPが前日より上昇したn日のMF合計


NMF = TPが前日と比較し変わらなかったもしくは下落したn日のMFの合計


MR = PMF / NMF


MFI = 100 ― (100 / (1 + MR))


使い方はRSIによく似ており20以下で売られ過ぎの可能性、80以上で買われ過ぎの可能性を示しています。


MFI_smoothedを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

MFI_smoothedのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


MFI_smoothed

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでMFI_smoothedが表示されました。


MFI_smoothedのパラメーター解説


MFI_smoothedパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


MFI period

MFIを算出する期間

Smoothing period

平滑化する期間

Volumes

計算に使用するボリューム


通常のMFIはMT5に標準でインストールされており、「インジケーター」→「ボリューム系」→「Money Flow Index」をチャートにドラッグ&ドロップすることで表示できますが、MFI_smoothedは、上記の方法で算出された通常のMFIに平滑化処理を施したものになっています。


株式市場で使用されるMFIは出来高を考慮していることから、RSIと比較して相場の天井と底を捕えやすいといわれています。


しかし、FXの場合出来高ではなくボリュームを使用するという違いがある為、実際に為替相場で機能するかどうかは十分に検証してからトレードに組み込む必要がありそうです。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事