期間の違うRSIを20本同時に表示するMT5インジケーター「RSI_X20」

投稿日時:2019年01月08日 04:20

RSI_X20スクリーンショット


オシレーター系のインジケーターと言われて皆さんはどのオシレーターが思い浮かぶでしょうか。


オシレーター系のインジケーターの中でもメジャーなものの1つにRSIがあり、使ったことがあるという方も多いかと思います。


この記事で紹介するRSI_X20は計算期間を一定の間隔でずらしたRSIを20本同時に表示するものです。


RSI_X20を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RSI_X20のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RSI_X20

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでRSI_X20が表示されました。


RSI_X20のパラメーター解説


RSI_X20パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


стартовый период

計算を始める最初の期間

шаг периода

期間を増やす間隔

цена

計算に使用する価格


インジケーターの見方は通常のRSIと同じで、70以上にある場合、価格が買われ過ぎの水準にある可能性を示し、30以下にある場合には、価格が売られ過ぎの水準にある可能性を示しています。


計算期間をずらした複数のRSI同時に表示することで、実際のトレードにおいてどのような優位性があるのかは分かりませんが、RSIの算出期間を変更することで、RSIの反応がどの様に変化するのかが良く分かります。


このインジケーターを観察するとRSIの期間がある程度長くなればなるほど、期間を1段階変更した場合の変化が大きくなり、逆にRSIの期間が短い場合、期間を1段階変更したところで、RSIの表示はあまり変化しないことが分かります。


通常のRSIの計算期間を調整したい場合に、どの程度の数値を設定すれば良いのかの参考にするという使い方には便利そうです。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事