FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ユーロ/円-2016年02月17日の振り返り-レンジ収束・要警戒-

更新日時:2016年02月18日 12:28

上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。2016年02月17日のユーロ/円相場の振り返りをして行きたいと思います。


■ユーロ/円

始値:127.07

終値:126.94

高値:127.37

安値:126.62

-13pips(安値から高値75pips)


■ドル/円

始値:114.04

終値:114.07

高値:114.49

安値:113.36

3pips(安値から高値113pips)


■ユーロ/ドル

始値:1.1143

終値:1.1127

高値:1.1178

安値:1.1105

-16pips(安値から高値73pips)


昨日は主要3通貨共に小動きで、3通貨とも日足の形状としてはコマ足のような形状になっています。

オーダーの変化


130.00 売り

129.50 売り

129.00 売り

126.50 買い

126.00-20 断続的に買い

125.50 買い厚め・割り込むとストップロス売り、OPバリア観測


上記のオーダーが前日より引き続き観測されている状態で、本邦時間19時に新たに以下のオーダーが観測されています。


128.30 OP17日NYカット

128.00 売り

127.50 売り


オーダーに絡む局面はありませんでした。


トレードについて


昨日は本邦時間AM2:00(2/18/2:00)の寄り付き127.15でショートのエントリーをしています。利食い目標は126.50に設定していたのですが、眠くなってしまったのでストップロスを入れて寝てしまいました。今回も126.50には届かず手前で折り返してしまいました。もう少し持っていても良いような気もしましたが、先ほど126.82で利食っています。+33pipsと言う結果となりました。


俯瞰すれば、2月11日から126.50~128.00のレンジの中での値動きとなっていますが、一昨日の未明から、レンジの下限付近でさらに小さなレンジ(126.60~127.40)を形成しているという形になっているように思えます。


昨日に関して言えば、レンジの上限付近あるいは下限付近から逆張り気味に入る位しかやりようが無い相場でした。環境認識として、126.60近辺と127.40近辺を安値・高値とする波形を描けていれば、逆張り気味のエントリーも可能だったかと思います。私はエントリーをしていますが、無理にやらなくても良い相場だったかと思います。


それでは本日も頑張りましょう!

関連記事