FXで何やっても勝てなくて、やったコト

久しぶりのトランプ節。メキシコ国境の壁は建設出来るのか?

更新日時:2017年08月24日 10:39

8月24日の為替市場はトランプ大統領発言を受けてドル売りが優勢となりました。


発言の内容としては、『政府を閉鎖しなければならなくても、(メキシコ国境に)壁を建設する。国民は移民規制に票を投じた』『我々が合意に達することができるとは思わない。そのため私は、ある時点で我々は北米自由貿易協定(NAFTA)を撤廃することになると考えている』と言った内容で、要するにメキシコ国境に建設する壁の予算が確保出来なければ政府機関の閉鎖も辞さないという事であり、相変わらずのトランプ節と言った発言ですが、これを受けて米国株は軟調・米国債は上昇しており、金融市場に影響が出ています。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年08月24日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


ドル/円の値動き


始値:109.561

高値:109.818

安値:108.912

終値:109.033

-52.8pips(高値から安値:90.6pips)


ドル/円のレジスタンスライン


110.953

赤の点線のライン

短期トレンドの旧サポートライン


110.891

ピンクの実線のライン

中期トレンドの戻り高値


110.422

赤の点線のライン

短期トレンドの旧押し安値


110.244

ピンクの点線のライン

短期トレンドの戻り高値


109.726

ピンクの点線のライン

短期トレンドの戻り高値


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ドル/円のサポートライン


108.644

青の実線のライン

中期トレンドの押し安値


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ドル/円の解説


8月23日のドル円相場は寄り付き~東京時間OP前後にかけて上昇『109.818』を付ける局面もありましたが、その後はほぼ終日にわたって下落基調の推移となりました。


チャートの形状としては、白い楕円の部分でダブルボトムを形成、ネックラインを上抜いたものの戻ってきた時にネックラインがサポレジ転換せずに下抜けてしまっています。


何度か同じ事を書いていますが、買いについては中期トレンドの方向性に明確な変化が認められてからでも遅くありませんので、中期トレンドの方向性に沿うポジションを持つ事を心掛ける様にしましょう。


ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年08月24日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


ユーロ/円の値動き


始値:128.859

高値:129.112

安値:128.475

終値:128.725

-13.4pips(高値から安値:63.7pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


130.167

赤の点線のライン

短期トレンドの旧サポートライン


130.058

赤の点線のライン

短期トレンドの旧サポートライン


130.033

ピンクの実線のライン

中期トレンドの戻り高値


129.541

赤の点線のライン

短期トレンドの旧押し安値


129.056

ピンクの点線のライン

短期トレンドの戻り高値


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/円のサポートライン


128.637

青の点線のライン

短期トレンドのサポートライン


128.444

青の点線のライン

短期トレンドの押し安値


127.882

青の点線のライン

短期トレンドの押し安値


127.567

青の実線のライン

中期トレンドの押し安値


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/円の解説


8月23日のユーロ円相場は128円代ミドル~129円前後を行ったり来たりしているだけの値動きとなりました。


ここ2日程の間129円代乗せを何度もチャレンジしていますが、129円が近づくと売りが強くなり、かといって下げもせずという値動きが続いていますが、短期上昇トレンドに対して引いたトレンドライン(パープルのライン)を下抜けてきています。


中期トレンドに対して短期トレンドが逆行している場合の短期トレンドラインブレイクは仕掛け所になる時もあるのですが、昨日の場合はサポートラインまでの距離が近すぎ、損切りを『129.056』の上に置きたいと思った時にリスクリワードとしてのバランスが取れていない位置でのエントリーとなってしまう為、あまり推奨出来ないように思います。


当面は『128.444~129.056』のレンジをどちらへ抜けて行くかを見て行くという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年08月24日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.17604

高値:1.18225

安値:1.17394

終値:1.18053

+44.9pips(高値から安値:83.1pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.18236

ピンクの点線のライン

短期トレンドのレジスタンスライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.17675

緑の点線のライン

短期トレンドの旧レジスタンスライン


1.17483

青の点線のライン

短期トレンドのサポートライン


1.17372

青の点線のライン

短期トレンドの押し安値


1.17150

青の点線のライン

短期トレンドのサポートライン


1.16911

青の実線のライン

中期トレンドのサポートライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/ドルの解説


8月23日のユーロドル相場は、ほぼ終日にわたって上昇の流れでの推移となりました。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は相変わらず上とも下とも言えないようなビミョーな方向感にあり、『1.18365~1.16911』の下落の方波の中での値動きが続いているという状態に変化はありません。


引き続き、無理に触らずに様子を見て行くという事で良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


07:45 【ニュージーランド】 7月貿易収支

08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)

08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)

14:00 【日本】 6月景気先行指数(CI)・改定値

14:00 【日本】 6月景気一致指数(CI)・改定値

16:15 【スイス】 4-6月期四半期鉱工業生産 (前年同期比)

17:30 【英国】 4-6月期四半期国内総生産(GDP、改定値)(前年同期比)

17:30 【英国】 4-6月期四半期国内総生産(GDP、改定値)(前期比)

21:30 【米国】 前週分新規失業保険申請件数

23:00 【米国】 7月中古住宅販売件数(前月比)

23:00 【米国】 7月中古住宅販売件数(年率換算件数)

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事