黒田総裁、金融緩和政策維持を強調、金融正常化観測を牽制

投稿日時:2018年01月24日 07:00

1月23日は日銀の金融政策決定会合の二日目が行われました。


黒田総裁は会合終了後の会見で、現行の金融緩和を続けていくことを強調、正常化観測をけん制しています。


アメリカは利上げサイクル、欧州も金融政策の変更が現実的な視野に入っているという状況下で、日銀のみが緩和姿勢である事で日本の金融政策に対する正常化観測や期待と言ったものに神経を使うという事になるという事かと思います。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年01月24日
ドル円1時間足チャート2018年01月24日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:110.891

高値:111.170

安値:110.245

終値:110.282

-60.9pips(高値から安値:92.5pips)


ドル/円のレジスタンスライン


111.628

赤の点線のライン


111.440

ピンクの点線のライン


111.301

ピンクの点線のライン


111.283

ピンクの極太のライン


111.148

ピンクの点線のライン


111.084

ピンクの点線のライン


110.745

赤の点線のライン


110.684

赤の点線のライン


110.521

赤の点線のライン


110.431

赤の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


110.289

青の点線のライン


110.240

緑の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円の日足の形状は、長めの上ヒゲのある実体が大きめの陰線となりました。


日足の波形は高値・安値切り下げの形状が継続しており、昨日の値動きによって直近安値ライン『110.431』を下抜けています。


昨日の終値時点においては、『110.240』のサポートラインをサポートして引けており、ダブルボトムを形成する可能性も残されています。


本日に関しては、『110.240』のラインを破るか?サポートされるかを見て行くという事になろうかと思われます。


【1時間足】


日足の波であるオレンジの波並びに緑の波がダブルボトムになる可能性のある中で、前日に形成された1時間足レベルのレジスタンスライン『111.148』から売りが入り、青の波がダブルトップを形成(チャート画像白い楕円の部分)、ネックライン(白い水平線)を下方にブレイクしています。


昨日の値動きによって、緑の波は高値・安値切り下げの下落トレンドの形状に回帰しています。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年01月24日
ユーロ円1時間足チャート2018年01月24日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:135.950

高値:136.205

安値:135.190

終値:135.622

-32.8pips(高値から安値:101.5pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


136.323

ピンクの点線のライン


136.248

ピンクの点線のライン


136.213

ピンクの点線のライン


136.125

ピンクの点線のライン


136.058

ピンクの極太のライン


135.747

赤の点線のライン


135.642

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


135.368

青の極太のライン


135.192

青の点線のライン


135.148

青の点線のライン


135.026

青の点線のライン


134.915

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円の日足の形状は、実体・上下のヒゲが3:3:4くらいの比率(パットの見の適当な感じの比率)の陰線となりました。


日足レベルの波形には明確なトレンドが出ておらず、引き続き方向感のない相場が継続しています。


【1時間足】


昨日のユーロ円相場は、以下の2つの注目ポイントがありました。


1. 日足のレジスタンスライン『136.058』を破るか?レジスタンスされるか?

2. 緑の波形がダブルトップになるか?


まず、1については白い楕円の部分において高値安値切り下げの形状となっており、『136.058』で一旦はレジスタンスされたと考えて良い形状を示現しています。


『136.058』で一旦はレジスタンスされた事を受けて、緑の波形がダブルトップになるか?に注目して行くという事になりますが、『135.203』(白い水平線)を下抜く事は出来ず、反発しています。


一時的に抜ける場面はあったものの、結果的に日足のサポートライン『135.368』と日足のレジスタンスライン『136.058』で挟まれたエリアでの値動きになっています。


いつかは『135.368』と『136.058』に挟まれたエリアを抜けて行くという事になりますが、それを見て行く際には、『135.368』・『136.058』の上下には日足では分からない1時間足のサポレジが存在しており、それらも含めてブレイクを判断して行くようにしましょう。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年01月24日
ユーロドル1時間足チャート2018年01月24日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.22595

高値:1.23055

安値:1.22222

終値:1.22963

+36.8pips(高値から安値:83.3pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.23028

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.22924

緑の点線のライン


1.22753

青の点線のライン


1.22669

緑の点線のライン


1.22617

緑の極太のライン


1.22355

青の点線のライン


1.22273

青の点線のライン


1.22153

青の点線のライン


1.21830

青の極太のライン


1.21646

青の点線のライン


1.20816

緑の点線のライン


1.20767

緑の点線のライン


1.20662

緑の極太のライン


1.20298

青の点線のライン


1.20048

緑の点線のライン


1.19345

青の極太のライン


1.19309

緑の極太のライン


1.19271

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルの日足の形状は、下ヒゲ・実体が同じ程度の長さの陽線となりました。『1.22617』のレジスタンスラインを上方にブレイクしています。


日足の波形はオレンジ色の波形・オレンジ色の波形の集合体であるピンクの波形共に上向きの状態にあります。


チャート画像白い楕円で囲った部分は、陰線二本での下落で内一本は寄り引け同値線に近いような形状の陰線であり、直近の上昇に対する下落の割合としても、ちょうど23.6%戻しで押しとしても割合として見ても浅めという事は言えようかと思われ、この部分の下落を押しと捉えるか?という事に少し迷いました。


将来的な値動きによっては波形を修正すればいいかな?という事で、現時点では押しとして見ておくという事にしたいと思います。


【1時間足】


日足のレジスタンスライン『1.22617』を終値でブレイクし、青の波形も安値・高値切り上げの形状となっています。


本来であれば、ここで自信を持って買い・・・と言う事になるわけですが、日足のレジスタンスライン『1.22617』の上には『1.23028』のレジスタンスラインが存在しています。


同レジスタンスラインは、緑の波形の直近高値であり、ここから売ってくる人がいるかどうか?の見極めがとても重要になります。


私はチャートに波を描く時、終値を重視して波を描いているのですが、ヒゲではなくて終値にしている理由は、日足と時間足の両方に波を描けば必然的に日足のヒゲの中も分析する事になる為、終値に描いた方が良いという考えに基づいています。


基本的には日足の波に乗る事を考えていますので、日足のチャートは終値を重視した波、1時間足チャートも終値を重視して波を描くと結果的に日足ヒゲの中を分析出来る為、日足の分析の精度も高まるという事になります。


木(1時間足)を見て森(日足)を見ずと言う事を戒めとしてよく言いますが、日足と日中足の役割をしっかり理解して使う事で、森(日足)を見て更に森を形成する木(1時間足)も見るという事が実現できますので、足の組み合わせは違えどもそれぞれの足の役割を意識してチャートを見ると良いのではないかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50【日本】12月貿易統計(通関ベース)

14:00【日本】11月景気一致指数(CI)・改定値

14:40【日本】11月景気先行指数(CI)・改定値

17:00【南アフリカ】12月消費者物価指数(CPI)(前月比)

17:00【南アフリカ】12月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

18:00【ユーロ】1月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)

18:00【ユーロ】1月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)

18:30【英国】12月失業保険申請件数

18:30【英国】12月失業率

18:30【英国】11月失業率(ILO方式)

21:00【米国】MBA住宅ローン申請指数(前週比)

23:00【米国】11月住宅価格指数(前月比)

24:00【米国】12月中古住宅販売件数(前月比)

24:00【米国】12月中古住宅販売件数(年率換算件数)

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事