米株式・債券市場の荒れ模様を反映して為替も乱高下

投稿日時:2018年02月12日 10:22

先週末金曜日2月9日の為替市場は、米株式・債券市場の荒れ模様を反映する形で乱高下の展開となりました。


主要3通貨ペア(ドル円・ユーロ円・ユーロドル)はいずれも終値ベースでは小動きとなったものの上下の値幅はあり、荒っぽい値動きとなっています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年02月12日
ドル円1時間足チャート2018年02月12日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:108.722

高値:109.303

安値:108.039

終値:108.793

+7.1pips(高値から安値:126.4pips)


ドル/円のレジスタンスライン


110.521

赤の点線のライン


110.431

赤の極太のライン


110.410

ピンクの点線のライン


110.262

ピンクの点線のライン


110.176

ピンクの点線のライン


110.171

ピンクの極太のライン


109.768

ピンクの点線のライン


109.229

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


108.627

青の極太のライン


108.293

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円の日足の形状は、上下共に長いヒゲのある小陰線となりました。


日足の波形は下落トレンドの形状にあります。


『108.627』のサポートラインをまたいでの値動きでしたが、終値では『108.627』でサポートされており、本日も引き続き『108.627』を破るか?サポートされて反発するか?を見ていく事になろうかと思われます。


【1時間足】


昨日のドル円相場は、寄り付き~欧州時間OP前後までは上昇の流れだったものの、欧州時間に入ると一転して下落の流れとなりました。日足レベルのサポートライン『108.627』を破る場面もありましたが、引けにかけて『108.627』の上へ戻しています。


この所の値動きでサポレジが淘汰されて全体的にスッキリした感じになっています。本日は波の描き方とその後の値動きによる波の修正について書いてみたいと思います。


赤の楕円で囲った部分の青い波を見ると安値・高値切り上げの状態になっている事が分かります。しかし、ラス戻り高値はだいぶ上の方(緑の楕円)にあり、青の波のトレンド転換にまでは至りませんでした。


赤い楕円の部分の波の描き方として、紫の波一本で引くという描き方もあり、こちらのほうが結果論として実情にあった描き方のように思えます。それを分かった上であえて修正しないという考え方もあります。


このように相場の波というものは、一回描いて終わりではなく値動きによって修正を繰り返していくものです。熟練のトレーダーさんであっても、試行錯誤しながら波をどうとらえていくか?を考えているものであり、熟練のトレーダーさんであればあるほど、相場の波は必ずしも一定の法則に当てはまらないという事を身をもって知っている反面、何らかの法則にあてはめて波を描きたいという相克に悩んでいるものだと思いますが、個人的には初心者の域を脱し、ある程度相場の波をとらえられるようになったのであれば、より柔軟性をもって波をとらえるべきだと思っています。


相場でもっとも危険な考え方は自分の考えを信じすぎるあまり考え方が硬直してしまうことで、波のとらえ方ひとつとってみても多種多様な波のとらえ方があります。時間が経てば正しい波のとらえ方はどういうとらえ方であったのか?ということが明らかになることもあり、それが明らかになった段階で修正をしていくことは相場を自分以外のトレーダー目線でとらえるということに適う考え方です。


私生活においては自分本位の考え方をしているという方でも、相場に向かう際には『自分が』ではなく『自分以外が』どう考えるか?を第一に考えるようにしましょう。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年02月12日
ユーロ円1時間足チャート2018年02月12日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:133.141

高値:134.160

安値:131.974

終値:133.265

+12.4pips(高値から安値:218.6pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


137.401

ピンクの点線のライン


137.176

ピンクの極太のライン


137.036

ピンクの点線のライン


136.917

ピンクの点線のライン


136.189

赤の点線のライン


135.801

ピンクの点線のライン


134.861

赤の極太のライン


134.621

ピンクの点線のライン


134.496

ピンクの点線のライン


134.621

ピンクの点線のライン


134.496

ピンクの点線のライン


134.075

ピンクの点線のライン


133.808

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


133.086

青の極太のライン


132.417

青の点線のライン


132.326

青の極太のライン


132.273

青の点線のライン


132.150

青の点線のライン


132.060

青の点線のライン


131.943

青の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円の日足の形状は、上下共に非常に長いヒゲのある小陽線となりました。実体は小さいですが、上ヒゲの先から下ヒゲの先まで200pips以上もあり、値動きの荒っぽさがうかがえる形状になっています。


日足の波形は明確なトレンドがない形状となっており、終値ベースでは『133.086』のサポートラインでサポートされています。


波形からすると非常に難しい相場であり、トレードをする通貨ペアとしておススメとは言えないように思います。


【1時間足】


昨日のユーロ円は、寄り付き~欧州時間OP前後にかけて上昇したものの、欧州時間以降は下落、NY時間から引けにかけて戻すという展開となりました。


上下の値幅が非常に大きかったのですが、終わってみれば寄り付きとあまり変わらないレベルで引けるという荒っぽい値動きとなっています。


個人的には赤い楕円の部分の波を紫のライン一本で引いても良いかという気もします。そうした所で、サポレジの位置・ラス戻り高値が変わるわけではないので『だから何なの?』というレベルの修正になるのですが、その方がよりシンプルな波としてとらえられるような気がします。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年02月12日
ユーロドル1時間足チャート2018年02月12日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.22448

高値:1.22865

安値:1.22047

終値:1.22507

+5.9pips(高値から安値:81.8pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.25139

ピンクの点線のライン


1.25090

ピンクの点線のライン


1.25070

ピンクの極太のライン


1.24919

赤の点線のライン


1.24686

ピンクの点線のライン


1.24616

ピンクの点線のライン


1.24390

赤の点線のライン


1.24304

赤の点線のライン


1.24279

ピンクの点線のライン


1.24167

ピンクの点線のライン


1.23981

ピンクの点線のライン


1.23706

赤の点線のライン


1.23353

赤の点線のライン


1.23085

赤の点線のライン


1.22830

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.22132

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルの日足の形状は、上下共にヒゲのある小陽線となりました。


日足の波形はオレンジ色の波形・オレンジ色の波形の集合体であるピンクの波形共に上向きの状態にあります。


『1.21830』のサポートライン近辺での値動きとなっていますが、『1.21830』に届いておらず、中途半端なレベルでの値動きとなっている感じがします。


【1時間足】


先週末木曜日~金曜日の値動きは方向感のない値動きで、レンジと見えなくもないのですが、上下限が一定ではない感じでもあり、ブレイクしたと見せかけてブレイクせずといった値動きになっています。


また、波形という観点からしてもグダグダな感じの波形になりつつあり、今は我慢して様子見の時期かというように思えます。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


17:15【スイス】1月消費者物価指数(CPI)(前月比)

28:00【米国】1月月次財政収支

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事