トランプ大統領の保護主義的政策、諸外国はどう反応する?

投稿日時:2018年03月03日 08:54

トランプ米大統領が前日に表明した鉄鋼とアルミニウムに対する輸入関税が貿易戦争につながり、ひいては米経済の阻害要因になるとの懸念からドル売り傾向となりました。


トランプ米大統領は前日、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課す方針を来週発表すると表明、中国・欧州・カナダなど主要貿易相手国が報復措置を発動させる可能性があるとの懸念が出ています。


トランプ大統領の保護的な政策によって、にわかに市場が騒がしくなってきた感があります。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年03月03日
ドル円1時間足チャート2018年03月03日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:106.213

高値:106.287

安値:105.243

終値:105.714

-49.9pips(高値から安値:104.4pips)


ドル/円のレジスタンスライン


107.823

赤の極太のライン


107.760

ピンクの極太のライン


107.560

ピンクの点線のライン


107.424

ピンクの点線のライン


107.308

ピンクの極太のライン


107.177

ピンクの点線のライン


107.102

ピンクの点線のライン


107.062

ピンクの点線のライン


106.668

赤の点線のライン


106.613

赤の点線のライン


106.483

赤の点線のライン


106.264

ピンクの点線のライン


106.108

赤の極太のライン


106.089

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


105.352

青の点線のライン


105.274

緑の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円の日足の形状は、実体と下ヒゲが同じくらいの長さの陰線となりました。


日足の波は下落トレンドの状態にあります。


『106.108』のサポートラインを下抜き、波の安値を更新しています。


先週末金曜日に関しては、『105.274』のサポートラインにワンタッチしています。


【1時間足】


寄り付き~東京時間OPにかけて少し上げる場面もありましたが、下落傾向の1日となりました。NY時間から引けにかけて少し戻してクローズしています。


『106.108』を下抜いた事で日足レベルの波は新たな局面に入ったと言えますが、1時間足レベルでは『105.274』のサポートラインと『106.108』のレジスタンスラインに挟まれたエリアでの値動きとなっています。


『105.274』のサポートラインと『106.108』のレジスタンスラインを軸にどちらかに抜けるか?あるいは跳ね返されるかを見極めていくということになりそうです。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年03月03日
ユーロ円1時間足チャート2018年03月03日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:130.267

高値:130.429

安値:129.550

終値:130.222

-4.5pips(高値から安値:87.9pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


132.728

ピンクの点線のライン


132.326

赤の極太のライン


132.172

赤の点線のライン


132.054

ピンクの点線のライン


131.707

赤の点線のライン


131.405

赤の点線のライン


131.292

赤の極太のライン


131.143

赤の点線のライン


130.582

ピンクの点線のライン


130.417

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


129.659

青の点線のライン


129.603

青の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円の日足の形状は、下ヒゲの長い寄り引け同値線のような形状となりました。


日足の波形はオレンジの波、白い波ともに上昇トレンドの形状をくずし、その余勢をかって下落中という状況にあります。


『129.603』のサポートラインと『131.292』のレジスタンスラインに挟まれたエリアに入り込んでおり、『129.603』のサポートラインにワンタッチしてきています。


【1時間足】


欧州時間OP前後までは下落、欧州時間後は上昇の値動きでほぼいってこいとなって引けています。


青いラインの波としてとらえる分には、比較的きれいな下落の波形となっていますが、白い波形としてとらえると波形がガタガタになってきています。


白い波に固執してしまうと近視眼的になってしまい、大局を見失ってしまう恐れもありますので注意が必要です。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年03月03日
ユーロドル1時間足チャート2018年03月03日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.22643

高値:1.23351

安値:1.22506

終値:1.23178

+53.5pips(高値から安値:84.5pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.23476

ピンクの点線のライン


1.23450

ピンクの点線のライン


1.23399

ピンクの点線のライン


1.22888

赤の点線のライン


1.22873

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.22351

緑の点線のライン


1.22146

緑の点線のライン


1.21962

青の点線のライン


1.21830

青の極太のライン


1.21679

青の点線のライン


1.21646

青の点線のライン


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルの日足の形状は、陽線となりました。


『1.21830』のサポートラインから反発した格好になっています。


1.25付近から売られてきた流れに対する戻り売りを考えている層と『1.21830』から買った層のぶつかり合いという構図になりそうです。


【1時間足】


先週末金曜日の値動きは、押しをつけながら上昇してきた格好になっており、青い波のラス戻り高値ラインが近づいてきました。


日足のレジスタンスラインが近くにはない状況なので、1時間足レベルの波を見ていく事になりますが、まずは青い波が転換するか?あるいは再度売られる形になるかを見ていくということになりそうです。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


09:30【オーストラリア】1月住宅建設許可件数 (前月比)

10:45【中国】2月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)

18:00【ユーロ】2月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)

18:30【英国】2月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)

19:00【ユーロ】1月小売売上高(前月比)

19:00【ユーロ】1月小売売上高(前年同月比)

24:00【米国】2月ISM非製造業景況指数(総合)

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事