ティラーソン国務長官更迭。後任は強硬派ポンペオCIA長官

投稿日時:2018年03月14日 09:58

3月13日はトランプ米大統領がティラーソン国務長官の解任と、ポンペオ中央情報局(CIA)長官を後任の国務長官に据える事をツイッターで発表するという一幕がありました。


これを受けて、市場はドル売りで反応しています。


トランプ大統領とティラーソン国務長官はこれまでも何度か見解の不一致が見られており、昨年秋にティラーソン国務長官がトランプ大統領を『バカ』と言ってしまったりなどの問題もありました。


見解の相違もさることながら、人間関係の上でも限界だったのかなというように思います。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年03月14日
ドル円1時間足チャート2018年03月14日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:106.431

高値:107.286

安値:106.247

終値:106.453

+2.2pips(高値から安値:103.9pips)


ドル/円のレジスタンスライン


107.308

ピンクの極太のライン


107.062

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


106.432

緑の点線のライン


106.280

青の点線のライン


106.174

緑の点線のライン


105.940

青の点線のライン


105.907

青の点線のライン


105.812

緑の点線のライン


105.743

緑の点線のライン


105.545

青の点線のライン


105.431

青の極太のライン


105.352

青の点線のライン


105.274

緑の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円の日足の形状は、上ヒゲの長い寄引同値線のような形状となりました。


日足の波は下落トレンドの状態にあります。


『107.308』のレジスタンスライン付近から売りが入りって反落しています。『107.308』のレジスタンスラインは白いラインの波と考えた場合のラス戻り高値ラインでしたが、昨日に関しては同ラインから売りたいと考えていた勢力がいたということになろうかと思います。


【1時間足】


3月13日のドル円相場は、東京時間~NY時間OP前後にかけて上昇、NY時間以降は急落という乱高下気味の値動きとなりました。


急騰・急落によって、細かいサポレジが消滅してスッキリした感じがします。


昨日の値動きを白い波ととらえるか?ということになると値動きのサイズからいって、少し無理があるような気もしますので、上昇に関しては青の波一本。下落に関しては今後の展開次第ということになるのかな?というように思いますが、青の波はラス押し安値ライン(青い楕円の安値)を破っていませんので、上昇トレンドの形状は崩れていません。


短期的には青い波のトレンド転換があるか?を見ていくということになると思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年03月14日
ユーロ円1時間足チャート2018年03月14日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:131.269

高値:132.422

安値:131.099

終値:131.903

+63.4pips(高値から安値:132.3pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


132.326

赤の極太のライン


132.256

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


131.902

青の点線のライン


131.861

緑の点線のライン


131.784

緑の点線のライン


131.739

緑の点線のライン


131.641

緑の点線のライン


131.619

緑の極太のライン


131.479

緑の点線のライン


131.339

緑の点線のライン


131.132

青の点線のライン


131.053

青の点線のライン


130.718

青の極太のライン


130.624

緑の点線のライン


130.582

緑の点線のライン


130.417

緑の点線のライン


130.379

緑の点線のライン


130.084

緑の点線のライン


130.032

青の極太のライン


129.864

青の点線のライン


129.603

青の極太のライン


129.459

青の点線のライン


129.395

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円の日足の形状は、上ヒゲがやや長い感じの陽線となりました。


日足の波形は白い波の上昇トレンドをくずして下落していましたが、『130.032』から反発、小さな押しをつけて反発しています。


黄色の水平線は、2月2日~3月1日の下落に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。23.6%戻しラインに頭を押さえられる展開が続いていましたが、昨日の値動きによって23.6%戻しラインを上抜けてきました。


昨日に関しては、『132.326』のレジスタンスラインにワンタッチしたものの上抜けは出来ずに引けています。


日足レベルのレジスタンスラインとしては、23.6%戻しラインと38.2%戻しラインの間に『132.326』、38.2%戻しラインと50.0%戻しラインの間に『133.086』のラインが存在しています。


『132.326』のレジスタンスラインはオレンジの波のサポートラインがサポレジ転換したものであり、『133.086』は白い波の旧ラス押し安値ラインとなります。


【1時間足】


3月12日のユーロ円は上昇傾向の1日となりました。


昨日の値動きによって、青の波のラス戻り高値ライン(青い楕円の高値)を上抜き、青い波の方向性に変化が生じています。


一般的な考えとしては、緑の波に対する戻りと考えて、戻り売りを画策してくる層のトレーダーさんの戻り売りがどのレベルから入ってくるかを見極めていく展開となりそうですが、急落したという事は急騰することもあるという事ですので、『絶対に戻り売りが入るんだ』と思い込んでしまう事は危険でもあります。


何の根拠もないようなところから、値頃感で売りを仕掛けるようなトレードは慎み、戻り売りをするとしてもしっかりと波の折り返しを見て仕掛けていくようにしましょう。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年03月14日
ユーロドル1時間足チャート2018年03月14日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.23334

高値:1.24066

安値:1.23137

終値:1.23903

+73.2pips(高値から安値:92.9pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.24340

ピンクの点線のライン


1.24099

ピンクの極太のライン


1.24093

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.23394

緑の点線のライン


1.23184

青の点線のライン


1.23044

青の極太のライン


1.22914

青の点線のライン


1.22839

青の点線のライン


1.22794

緑の点線のライン


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルの日足の形状は、実体がしっかりした感じの陽線となりました。


ざっくりと1.23~1.24のエリアでの値動きとなっています。


【1時間足】


直近の日足の波形がトレンドレスの状態にありますので、基本的には短期売買向けの相場環境という事が言えます。


短期売買はやらないと決めている人は様子見に徹していい状態にありますが、短期売買をやるという人は青の波と白の波を使ってトレードをするというのもひとつの手であったかと思います。


青の波は青い楕円のラス戻り高値を上抜き、下落トレンドの形状を崩しています。その後、赤い楕円の高値から戻り売りが入り、それに伴って白い波は下落トレンドの形状を形成しています。


緑の楕円の部分で、白い波が安値・高値切り上げの状態になっていますが、ここはダマシとなっています。


昨日の値動きの中で再度、安値・高値切り上げの形状を形成、プルバックが入って直近高値ラインに当たった黄色の楕円のあたりの値動きを短期足で見ながら買ってみるトレードはありだったかと思います。


青い波が今後上昇トレンドの形状を形成していくのであれば、上記のポイントは3波目の始動をとらえることになります。サイズの異なる二つの波を使って3波目を取るトレードは押し目買い・戻り売りの基本とも言えるトレードで、色々な場面で応用が利きますのでエントリータイミングの計り方を覚えておくとよいかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


06:45【ニュージーランド】10-12月期四半期経常収支

08:50【日本】日銀・金融政策決定会合議事要旨

08:50【日本】1月機械受注(前月比)

11:00【中国】2月小売売上高(前年同月比)

11:00【中国】2月鉱工業生産(前年同月比)

17:00【ユーロ】ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

19:00【ユーロ】1月鉱工業生産(前月比)

20:00【米国】MBA住宅ローン申請指数(前週比)

21:30【米国】2月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)

21:30【米国】2月小売売上高(前月比)

21:30【米国】2月小売売上高(除自動車)(前月比)

21:30【米国】2月卸売物価指数(PPI)(前月比)

23:00【米国】1月企業在庫(前月比)

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事