ECBの金融政策は変わり映えのしない内容、市場は失望売りで反応

投稿日時:2018年04月27日 11:44


4月26日は、ECBの金融政策発表並びにドラギ総裁の会見が行われました。


ECB(欧州中銀)は政策金利据え置きと量的緩和(QE)は9月末まで継続、必要に応じてそれ以降も続く可能性があるとするフォワードガイダンスの維持を決定しました。


理事会後の会見でドラギECB総裁は『潤沢な水準の金融緩和が必要』『金利はQEの終了後も相当な期間現在の水準に留まる』と発言、ユーロ圏の経済については『経済指標では景気拡大ペースが緩和していることを示唆している』としながら、『一部の指標の悪化は想定外』で『成長は依然堅調に推移』『底堅く幅広い成長が続く見通し』などと堅調であるとの見解を示しました。


全体的にあまり変わり映えのしない内容で、ドラギ総裁が『金融政策そのものについては議論しなかった』と述べたことが9月に期限を迎えるQEの先送り観測が浮上したことで、市場はユーロ売りで反応しています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年04月27日
ドル円1時間足チャート2018年04月27日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:109.407

高値:109.462

安値:109.058

終値:109.289

-11.8pips(高値から安値:40.4pips)


ドル/円のレジスタンスライン


109.416

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


109.049

青の点線のライン


108.636

青の点線のライン


107.784

緑の点線のライン


107.760

緑の極太のライン


107.500

青の点線のライン


107.472

緑の点線のライン


107.421

緑の点線のライン


107.266

青の点線のライン


107.261

緑の点線のライン


107.159

青の点線のライン


107.137

緑の点線のライン


106.936

青の点線のライン


106.909

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


4月26日のドル円の日足の形状は、気持ち下ヒゲが長い陰線となりました。


オレンジの波は安値・高値切り上げの上昇トレンドの形状にあります。


黄色の水平線は、ピンクの下落の片波に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


50.0%戻しライン付近での値動きとなりましたが、日足のレジスタンスラインなどがあるわけではないので、過信しないようにしましょう。


基本的には、61.8%戻しライン付近の『110.171』・『110.431』というレジスタンスラインを中心にマークするという事で良いかと思います。


【1時間足】


4月25日のドル円は、109円台前半でのもみ合いに終始する展開となりました。


トレードについては、やりようのない相場展開でしたので、触らないという事で良かったのではないかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年04月27日
ユーロ円1時間足チャート2018年04月27日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:133.063

高値:133.242

安値:132.279

終値:132.288

-77.5pips(高値から安値:96.3pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


133.428

ピンクの点線のライン


133.321

ピンクの点線のライン


133.185

ピンクの点線のライン


133.086

赤の極太のライン


132.731

赤の点線のライン


132.569

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


132.139

青の点線のライン


132.122

青の点線のライン


132.042

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


4月26日のユーロ円の日足の形状は、短い上ヒゲがあり、実体がしっかりした陰線となりました。


引き続き、オレンジの波のダブルボトムのネックライン『131.903』と『133.086』のレジスタンスラインに挟まれたエリアでの値動きが継続しており、状況に大きな変化はありませんが、『133.086』のレジスタンスラインで跳ね返された格好になっています。


【1時間足】


4月26日のユーロ円はECB金融政策発表~ドラギ総裁会見前後から荒っぽい値動きとなり、結果的には132円台に下落して引けています。


これまで、売り方の売りが入りやすいエリアとして存在してきたピンクの枠で囲ったエリアが、今度はサポレジ転換して支えてくれるか?という事に注目して見ていたのですが、支えきれずに下抜けました。


従って、このゾーンは支持帯・抵抗帯としての力を失ったと考えて良いかと思います。


枠が重なってしまって、申し訳ありませんが、昨日は白い枠で囲ったレンジの中での値動きとなっていました。


一旦レンジを下抜けたものの、反発してレンジの上限に到達、再度売られて下落していくという非常に荒っぽい値動きでしたが、イベントを受けての値動きでしたので、触らずに様子見という事で良かったのではないかと思います。


次は、買いが入りやすいエリアと推測されるオレンジの枠のエリアで買い支えられるか?あるいは抜けていくか?を見ていくという事になりますが、本日これまでの値動きによって、オレンジの枠のエリアに近づいてきています。


本日は、同エリアを中心に見ていくという事になろうかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年04月27日
ユーロドル1時間足チャート2018年04月27日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.21597

高値:1.22091

安値:1.20955

終値:1.21023

-57.4pips(高値から安値:113.6pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.24034

赤の点線のライン


1.24014

ピンクの点線のライン


1.23907

ピンクの点線のライン


1.23876

ピンクの点線のライン


1.23801

ピンクの点線のライン


1.23784

ピンクの極太のライン


1.23652

赤の点線のライン


1.23581

赤の点線のライン


1.23478

ピンクの点線のライン


1.23356

赤の点線のライン


1.23264

赤の点線のライン


1.23116

赤の点線のライン


1.23059

赤の点線のライン


1.22959

ピンクの点線のライン


1.22657

赤の点線のライン


1.22414

ピンクの点線のライン


1.22382

赤の極太のライン


1.22050

ピンクの点線のライン


1.21989

ピンクの点線のライン


1.21830

赤の極太のライン


1.21563

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.20662

緑の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


4月26日のユーロドルの日足の形状は、上ヒゲ実体共に長めの陰線となりました。


一昨日の値動きによって、3ヶ月ほど続いた白い枠のレンジを下抜けてきましたが、昨日はレンジの下限をラインを試してから下落した格好になっています。


黄色の水平線は、ピンクの上昇の片波(1.15838~1.25070)に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


売り方の目線からすると白い枠のレンジをブレイクした事を根拠として売っているという事になろうかと思います。


一方、買い方は、ピンクの波は安値・高値切り上げの上昇トレンドの形状にある事から、押し目買いを考えている勢力という事になろうかと思います。


押し目買いの候補となるラインは、50.0%戻しラインに近い位置にある『1.20662』、61.8%戻しラインに近しい位置にある『1.19345』『1.19309』『1.19030』といった辺りという事になろうかと思われます。


【1時間足】


4月26日のユーロドル相場は、ECB金融政策発表~ドラギ総裁会見前後から荒っぽい値動きとなり、結果的には下落してクローズしています。


基本的にはイベントを受けての値動きですので、触らずに様子見という事で良かったかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


07:45【ニュージーランド】3月貿易収支

08:30【日本】3月失業率

08:30【日本】3月有効求人倍率

08:30【日本】4月東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)

08:50【日本】3月鉱工業生産・速報値(前月比)

08:50【日本】3月小売業販売額(前年同月比)

08:50【日本】3月百貨店・スーパー販売額(既存店)(前年同月比)

10:30【オーストラリア】1-3月期四半期卸売物価指数(PPI)(前期比)

10:30【オーストラリア】1-3月期四半期卸売物価指数(PPI)(前年同期比)

14:00【日本】3月新設住宅着工戸数(前年同月比)

15:30【日本】黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

17:30【米国】1-3月期四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)

17:30【米国】1-3月期四半期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比)

18:00【ユーロ】4月消費者信頼感(確定値)

19:00【日本】外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

21:30【米国】1-3月期四半期雇用コスト指数(前期比)

21:30【米国】1-3月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)(前期比年率)

23:00【米国】4月ミシガン大学消費者態度指数・確報値

--:--【日本】日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事