FXで何やっても勝てなくて、やったコト

米朝首脳会談先送り懸念で株安から円全面高へ

更新日時:2018年05月24日 12:27


5月23日の為替市場は円全面高の展開となりました。以下のような事柄が材料視されています。


1. トルコリラの動き


早朝にトルコリラの仕掛け的な売りが出たことで、トルコリラ円が急落。リラ売り・円買いの値動きに連れてドル円も失速しています。


2. 米朝首脳会談先送り懸念


米朝首脳会談の先送り懸念から、日経平均が下落、欧州時間に入ると欧州株が大きく売り込まれたことを受けて円が全面高の展開となりました


ドル/円


ドル円日足チャート2018年05月24日
ドル円1時間足チャート2018年05月24日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:110.886

高値:110.912

安値:109.549

終値:110.065

-82.1pips(高値から安値:136.3pips)


ドル/円のレジスタンスライン


111.440

ピンクの点線のライン


111.351

ピンクの点線のライン


111.283

ピンクの極太のライン


111.115

ピンクの点線のライン


111.032

ピンクの極太のライン


111.013

ピンクの点線のライン


110.611

赤の点線のライン


110.572

赤の点線のライン


111.282

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


109.851

緑の極太のライン


109.418

青の点線のライン


109.354

緑の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


5月23日のドル円の日足の形状は、実体下ヒゲに長い陰線となりました。


直近の日足の波(白い波)は、安値・高値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの形状にあります。


参考ページ:ダウ理論~FXで勝つ為に必要な事は全てダウ理論に含まれている~


『110.171』のサポートラインについては、上がる時も下がる時も素通りなので消失、『109.851』については昨日の終値ではサポートされていますが、本日これまでの値動きでは『109.851』の下側での値動きとなっています。


『109.851』は日足のサポートラインですので、抜けたかどうかはあくまでも日足の終値で判断すべきものという事で、現段階では残してあります。


黄色の水平線は『104.639』~『111.032』までの上昇に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


『104.639』~『111.032』までの上昇の経過としては、赤い楕円並びに青の楕円の部分で押しを付けながら上がって行っています。ただ、押しが浅い感じもあり、これらの押しを押しとは考えず一本の片波として見るという向きもあろうかと思われますので、青の楕円で囲ったラス押し安値を下抜いて行くような事が起こった場合には、そういう見方もあるかもしれないという事を頭の片隅に置いておく必要があります。


【1時間足】


5月23日のドル円は大きく下落してきました。


昨日の記事の中で、強そうに見えるサポレジでも過信せずに買うなら波の折り返しを見て入りましょうというお話をしました。


参考ページ:米朝首脳会談が実現しない可能性浮上


逆張りでバチンと入ってしまうとやられてしまった公算が高かったのではないかと思いますが、『強そうに見える』という事は抜けた時に損切りが発火するという事とイコールですので、『強そうに見える』所で入って負けると殊の外、大きな負けに繋がる事もありますので、やられてしまったという人は同じ負けを繰り返さないようにしましょう。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年05月24日
ユーロ円1時間足チャート2018年05月24日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:130.812

高値:130.812

安値:128.223

終値:128.728

-208.4pips(高値から安値:258.9pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.326

ピンクの点線のライン


131.253

ピンクの点線のライン


130.611

赤の点線のライン


130.260

赤の点線のライン


129.562

赤の点線のライン


129.457

赤の極太のライン


129.274

赤の極太のライン


129.163

赤の点線のライン


128.910

ピンクの点線のライン


128.370

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


128.406

青の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


5月23日のユーロ円の日足の形状は、大陰線となりました。


今日はいつもより長めの期間が写っているチャート画像を持ってきました。


ユーロ円は昨年の4月から今年の2月にかけて、『115.194』~『137.176』まで上昇してきました。


黄色の水平線は『115.194』~『137.176』までの上昇に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


日足のサポレジは比較的距離がある分布となっており、本日に関しては38.2%戻しラインと重なるレベルにある『128.406』付近での値動きになっています。


【1時間足】


この所のユーロ円は方向感のない値動きが続いておりましたが、昨日の値動きによってやっと動きが出ました。


次はこの値動きに対するアクションを考えて行くというフェイズかと思いますので、仕掛け所を考えて行きましょう。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年05月24日
ユーロドル1時間足チャート2018年05月24日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.17766

高値:1.17888

安値:1.16750

終値:1.16943

-82.3pips(高値から安値:113.8pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.19417

ピンクの極太のライン


1.19379

赤の点線のライン


1.19306

ピンクの点線のライン


1.19131

赤の点線のライン


1.18964

赤の点線のライン


1.18787

赤の点線のライン


1.18646

ピンクの点線のライン


1.18492

赤の極太のライン


1.18465

ピンクの点線のライン


1.18329

ピンクの点線のライン


1.18224

ピンクの点線のライン


1.17885

ピンクの点線のライン


1.17719

赤の点線のライン


1.17510

赤の点線のライン


1.17400

赤の極太のライン


1.17316

赤の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.16777

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


5月23日のユーロドルの日足の形状は、大陰線となりました。


昨日の値動きによって、オレンジの波のラス押し安値『1.17400』とピンクの波のラス押し安値『1.15838』で形成されたゾーン(青紫のボックスのゾーン)の内側へ入り込んできました。


【1時間足】


5月23日のユーロドルは、ほぼ終日にわたって下落傾向での値動きとなりました。


青い波の直近安値ラインを下抜き、青い波の下落トレンドが継続しています。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:--【南アフリカ】南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利

07:45【ニュージーランド】4月貿易収支

08:50【日本】前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)

08:50【日本】前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)

14:00【日本】3月景気先行指数(CI)・改定値

14:00【日本】3月景気一致指数(CI)・改定値

16:00【英国】カーニー英中銀(BOE)総裁、発言

17:30【英国】4月小売売上高指数(前月比)

20:30【ユーロ】欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

21:30【米国】前週分新規失業保険申請件数

22:00【米国】3月住宅価格指数(前月比)

22:00【米国】1-3月期四半期住宅価格指数(前期比)

23:00【米国】4月中古住宅販売件数(前月比)

23:00【米国】4月中古住宅販売件数(年率換算件数)

関連記事