イタリアの政局混迷でユーロ安、債券安、株安

投稿日時:2018年05月30日 10:19


5月29日の為替市場は、イタリア政局の混迷を受けてドルが対ユーロで10カ月ぶりの高値を付けるなど、ユーロ売りの1日となりました。


イタリアでは暫定首相に指名されたカルロ・コッタレッリ氏が組閣に向け主要政党の支持を取り付けられず、7月29日にも再選挙が実施される可能性が浮上、イタリア国債や株式のほか、ユーロに対する売りが加速し、対円でも大きく下落しています。


イタリアの政局混迷を受け安全資産への逃避が強まり、欧州債券市場が下落、それにつられる形で米国債利回りが数週間ぶりの水準に低下しています。米2年債と10年債の利回りは4日続落で7週間ぶりの低水準となっています。


債券市場の下落を受け、米株式市場は主要株価3指数が軒並み下落、ダウ工業株30種とS&P総合500種は約1カ月ぶりの大幅な下落率を記録しています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年05月30日
ドル円1時間足チャート2018年05月30日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:109.399

高値:109.459

安値:108.105

終値:108.746

-65.3pips(高値から安値:135.4pips)


ドル/円のレジスタンスライン


111.440

ピンクの点線のライン


111.351

ピンクの点線のライン


111.283

ピンクの極太のライン


111.115

ピンクの点線のライン


111.032

ピンクの極太のライン


111.013

ピンクの点線のライン


110.611

赤の点線のライン


110.572

赤の点線のライン


110.282

ピンクの点線のライン


109.799

ピンクの点線のライン


109.552

ピンクの点線のライン


109.442

ピンクの点線のライン


109.276

赤の点線のライン


109.176

赤の点線のライン


109.026

赤の極太のライン


109.987

ピンクの点線のライン


108.746

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


108.233

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


5月29日のドル円の日足の形状は、下ヒゲが長い陰線となりました。


直近の日足の波(白い波)は、安値・高値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの形状にあります。


参考ページ:ダウ理論~FXで勝つ為に必要な事は全てダウ理論に含まれている~


昨日の値動きによって、白い波のラス押し安値ライン『109.026』を下抜けてきました。38.2%戻しラインに関しては長いヒゲを出してサポートされていますが、38.2%戻しラインは日足のサポートライン等と重なっているわけではありませんので、過信は厳禁です。


白い波のラス押し安値を崩した事で白い波の方向性に変化が生じていますが、赤い楕円で囲った押しは比較的浅い押しである事から、白い波の上昇を青紫の上昇の片波一本として見る向きもあるかも知れず、その点に関しては注意が必要になります。


【1時間足】


5月29日のドル円は、ほぼ終日にわたって下落傾向での推移となっています。


日足のサポートライン『109.026』を破るか?サポートされるか?を見極める局面でしたので、トレードについては手を出さなくともよかったのではないかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年05月30日
ユーロ円1時間足チャート2018年05月30日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:127.170

高値:127.268

安値:124.609

終値:125.482

-168.8pips(高値から安値:265.9pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.326

ピンクの点線のライン


131.253

ピンクの点線のライン


130.925

ピンクの極太のライン


130.611

赤の点線のライン


130.260

赤の点線のライン


129.562

赤の点線のライン


129.457

赤の極太のライン


129.274

赤の極太のライン


129.163

赤の点線のライン


128.910

ピンクの点線のライン


128.765

ピンクの点線のライン


128.461

ピンクの点線のライン


128.406

赤の極太のライン


128.021

赤の点線のライン


126.185

ピンクの点線のライン


125.482

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


125.357

緑の極太のライン


124.816

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


5月29日のユーロ円の日足の形状は、やや下ヒゲの長い大陰線となりました。


黄色の水平線は『115.194』~『137.176』までの上昇(ピンクの上昇の片波)に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


昨日の値動きによって、50.0%戻しラインの少し下に位置するサポートライン『125.357』にワンタッチ、昨日についてはサポートされて引けています。


『125.357』は日足のサポートラインですので、破ったかどうかは日足の終値で判断すべきものとなりますので、引き続き同ラインを破るかどうかを見極めていくという事になりそうです。


【1時間足】


5月29日のユーロ円は、ほぼ終日にわたって下落傾向での推移となりました。


しいて入り所をあげるとすれば、白い枠で囲った小型のレンジを脱してからプルバックが入って戻ってきた赤い楕円の辺りという事になりますが、昨日の記事・ブログでご説明したエントリーポイントで入れていた場合には、ここはスルーで良かったかと思います。


参考ページ:極右政党『同盟』のサルビーニ書記長のEU離脱発言でユーロ安


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年05月30日
ユーロドル1時間足チャート2018年05月30日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.16222

高値:1.16387

安値:1.15091

終値:1.15382

-84.0pips(高値から安値:129.6pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.18329

ピンクの点線のライン


1.18224

ピンクの点線のライン


1.17885

ピンクの点線のライン


1.17719

赤の点線のライン


1.17510

赤の点線のライン


1.17400

赤の極太のライン


1.17384

ピンクの点線のライン


1.17316

赤の極太のライン


1.17262

ピンクの点線のライン


1.16492

赤の点線のライン


1.16387

赤の点線のライン


1.16322

赤の点線のライン


1.16036

赤の点線のライン


1.15934

赤の点線のライン


1.15838

赤の極太のライン


1.15777

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.14658

緑の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


5月29日のユーロドルの日足の形状は、気持ち下ヒゲが長い感じの大陰線となりました。


昨日の下落によって、オレンジの波のラス押し安値『1.17400』とピンクの波のラス押し安値『1.15838』で形成されたゾーン(青紫のボックスのゾーン)の下限ライン『1.15838』を下抜いてきました。


これによって、ピンクの波の上昇トレンドのラス押し安値を下抜いたという事になりますので、ピンクの波の方向性に変化が生じています。


次にやる事は、『1.25070』から下落してきた波に対する戻り売りという事になるわけですが、すぐに戻ってすぐに戻り売りをするタイミングが訪れるわけではないので、そのタイミングはいつになるかは分かりませんが、もう少し先の事になろうかと思います。


私は青のゾーンに入る前に利食ってしまっているのですが、上の方から売れている方は自分で決めた利食いポイントに達するか、波が折り返すまでポジションをキャリーするという事で良いかと思います。


【1時間足】


5月29日のユーロ円は寄り付きから欧州時間OPまでは、ほとんど動いていないような状態でしたが、欧州時間に入った途端に大きく下落しました。


しかし、日足の重要ライン付近での値動きでしたので、トレードについては様子見という事で良かったかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


07:45【ニュージーランド】4月住宅建設許可件数(前月比)

08:50【日本】4月百貨店・スーパー販売額(既存店)(前年同月比)

08:50【日本】4月小売業販売額(前年同月比)

09:00【日本】黒田東彦日銀総裁、発言

10:30【オーストラリア】4月住宅建設許可件数 (前月比)

14:00【日本】5月消費者態度指数・一般世帯

15:00【南アフリカ】4月マネーサプライM3(前年同月比)

16:00【スイス】5月KOF景気先行指数

18:00【ユーロ】5月消費者信頼感(確定値)

20:00【米国】MBA住宅ローン申請指数(前週比)

21:15【米国】5月ADP雇用統計(前月比)

21:30【米国】1-3月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比年率)

21:30【カナダ】1-3月期四半期経常収支

21:30【カナダ】4月鉱工業製品価格(前月比)

21:30【カナダ】4月原料価格指数(前月比)

23:00【カナダ】カナダ銀行 政策金利

27:00【米国】米地区連銀経済報告(ベージュブック)

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事