米国がカナダ、メキシコ、EUに鉄鋼・アルミニウムに対する輸入関税を適用

投稿日時:2018年06月01日 06:49


5月31日の金融市場は、米国がカナダ、メキシコ、EU(欧州連合)に対して、鉄鋼・アルミニウムに対する輸入関税を適用すると発表、貿易戦争を巡る懸念が再燃したことを背景に米長期債利回りが低下、S&P総合1500鉄鋼指数は、メキシコの対抗措置発表後にそれまでの上げ幅を吐き出し、約0.1%安で引けています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年06月01日
ドル円1時間足チャート2018年06月01日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:108.896

高値:108.996

安値:108.377

終値:108.795

-10.1pips(高値から安値:61.9pips)


ドル/円のレジスタンスライン


111.115

ピンクの点線のライン


111.032

ピンクの極太のライン


111.013

ピンクの点線のライン


110.611

赤の点線のライン


110.572

赤の点線のライン


110.282

ピンクの点線のライン


109.799

ピンクの点線のライン


109.552

ピンクの点線のライン


109.442

ピンクの点線のライン


109.276

赤の点線のライン


109.176

赤の点線のライン


109.059

ピンクの点線のライン


109.026

赤の極太のライン


108.937

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


108.458

青の点線のライン


108.398

青の点線のライン


108.233

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


5月31日のドル円の日足の形状は、上下共にヒゲがあり、下ヒゲが長い陰線となりました。


直近の日足の波(白い波)は、ラス押し安値を下抜いており、方向性に変化が生じています。


黄色の水平線は、『104.639』~『111.032』にかけての上昇に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


38.2%戻しライン付近で3日続けて長めの下ヒゲが出ていますが、日足レベルのサポートラインに支えられているわけではない事を頭に入れておく必要性があります。


【1時間足】


5月31日のドル円は、方向感のない値動きとなりました。


日足のレジスタンスライン『109.026』で頭を押さえられたものの下げ切らず、かと言って上げ切らずという値動きとなっています。


目先は白い網掛けのレンジをどちらへ抜けていくかを見ていくという事になろうかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年06月01日
ユーロ円1時間足チャート2018年06月01日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:126.998

高値:127.706

安値:126.317

終値:127.198

+20.0pips(高値から安値:138.9pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.326

ピンクの点線のライン


131.253

ピンクの点線のライン


130.925

ピンクの極太のライン


130.611

赤の点線のライン


130.260

赤の点線のライン


129.562

赤の点線のライン


129.457

赤の極太のライン


129.274

赤の極太のライン


129.163

赤の点線のライン


128.910

ピンクの点線のライン


128.765

ピンクの点線のライン


128.461

ピンクの点線のライン


128.406

赤の極太のライン


128.021

赤の点線のライン


127.676

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


126.338

青の点線のライン


126.185

緑の点線のライン


125.482

緑の点線のライン


125.357

緑の極太のライン


124.816

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


5月31日のユーロ円の日足の形状は、上下共に長めのヒゲのある小陽線となりました。


黄色の水平線は『115.194』~『137.176』までの上昇(ピンクの上昇の片波)に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


50.0%戻しラインの少し下に位置するサポートライン『125.357』にワンタッチして反発した格好になっていますが、日足の波を崩すという所までは至っておらず、依然として買いは時期尚早といった状態にあります。


この所、ユーロ主体の値動きが続いた事でユーロ円の値幅が大きくなっていますが、値幅に惑わされる事なく、波の方向性を見て仕掛けを考えて行きましょう。


【1時間足】


5月31日のユーロ円は、方向感のない値動きとなりました。


赤い楕円で囲った青い下落の片波の中での値動きとなっており、昨日は上げ切らず・下げ切らずといった値動きとなっています。


当面はこの片波をどちらへ抜けていくかを見ていくという事になろうかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年06月01日
ユーロドル1時間足チャート2018年06月01日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.16642

高値:1.17234

安値:1.16403

終値:1.16899

+25.7pips(高値から安値:83.1pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.18224

ピンクの点線のライン


1.17885

ピンクの点線のライン


1.17719

赤の点線のライン


1.17510

赤の点線のライン


1.17400

赤の極太のライン


1.17384

ピンクの点線のライン


1.17316

赤の極太のライン


1.17262

ピンクの点線のライン


1.17190

ピンクの点線のライン


1.16477

ピンクの点線のライン


1.16365

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.16101

青の点線のライン


1.15377

青の極太のライン


1.15256

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


5月31日のユーロドルの日足の形状は、上下共にヒゲのある小陽線となりました。


オレンジの波のラス押し安値『1.17400』とピンクの波のラス押し安値『1.15838』で形成されたゾーン(青紫のボックスのゾーン)の下限ライン『1.15838』を下抜いていますが、青紫のボックスのゾーンへ再度押し戻されてきています。


青紫のボックスの下限ライン『1.15838』は下落していく時も反発してくる時も素通りなので、サポレジとしての力は失われているように思えます。


黄色の水平線は『1.19417』~『1.15377』に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


50.0%戻しラインと重なるレベルに青紫のボックスの上限ラインが存在しており、注目されてくるポイントという事になりそうです。


【1時間足】


5月31日のユーロドルは、欧州時間までは上昇傾向での値動きとなりましたが、欧州時間に入ると下落、NY時間から引けにかけて再上昇という忙しい値動きとなりました。


日足のレジスタンスライン『1.17316』並びに『1.17400』付近での値動きとなっており、抜けるか?レジスタンスされるかを見ていくという事になりそうです。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50【日本】1-3月期四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額(前年同期比)

10:45【中国】5月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)

16:30【スイス】5月SVME購買部協会景気指数

17:00【ユーロ】5月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)

17:30【英国】5月製造業購買担当者景気指数(PMI)

21:30【米国】5月非農業部門雇用者数変化(前月比)

21:30【米国】5月失業率

21:30【米国】5月平均時給(前月比)

22:45【米国】5月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)

23:00【米国】4月建設支出(前月比)

23:00【米国】5月ISM製造業景況指数

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事