日銀『強力な金融緩和策の持続性を強化する措置』を決定。市場の関心はFOMCへ

投稿日時:2018年08月01日 01:05

7月31日の金融市場は、株高、米国債利回りはほぼ横ばい、為替は円安となりました。


この値動きは日銀が『強力な金融緩和策の持続性を強化する措置を決定』した事を受けたもので、市場の関心はFOMCへと移っていくという事になろうかと思います。


ドル円


ドル円日足チャート2018年08月01日
ドル円1時間足チャート2018年08月01日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル円の値動き


始値:111.002

高値:111.952

安値:110.720

終値:111.791

+78.9pips(高値から安値:123.2pips)


ドル円の解説


【日足】


7月31日のドル円の日足の形状は、上下共にヒゲはあるものの、実体が大きめの陽線となりました。


黄色の水平線は『108.746』~『112.852』迄の上昇に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


50.0%戻しライン付近から反発した格好になっています。


昨日の上昇は、短期的に見れば赤い楕円で囲った部分の下落に対する戻りと見る事も出来ますが、これに対する戻り売りを考える場合、『111.852』まで日足レベルのレジスタンスラインがない為、近視眼的になってしまって、フィボナッチの割合のみで入ったりすると危険な感じもしますので、より大きな方向性を見て合理的なエントリーポイントを見つけていきましょう。


【1時間足】


この所、狭いレンジに入り込んでしまっておりましたが、昨日の値動きによって、ようやく動きが出ました。


俯瞰すれば、途中レンジはあったものの、ダブルボトムを形成、ネックラインを上抜けしたと見る事も出来ようかと思います。


黄色の水平線は、『113.078』~『110.668』迄の下落に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


昨日は、50.0%戻しライン(111.873)付近で引けており、現在も同レベル付近での値動きとなっていますが、50.0%戻しライン付近にはレジスタンスラインがなく、61.8%戻しラインの少し上に『112.203』というレジスタンスが存在しています。


1時間足レベルでは、ダブルボトムのネックライン『111.467』と61.8%戻しラインの少し上に存在している『112.203』のレジスタンスラインに注目していくという事で良いかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年08月01日
ユーロ円1時間足チャート2018年08月01日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:129.952

高値:131.141

安値:129.678

終値:130.765

+81.3pips(高値から安値:146.3pips)


ユーロ/円の解説


【日足】


7月31日のユーロ円の日足の形状は、上ヒゲはあるものの実体が大きめの陽線となりました。


黄色の水平線は『127.355』~『131.604』迄の上昇に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


61.8%戻しライン(128.978)の少し上から反発した格好になっておりますが、日足レベルのサポートラインに支えられての反発ではない事を頭の片隅に入れておきましょう。


次の注目は、直近高値ライン『131.604』を破るか?破れずにダブルトップのような形状になってしまうのか?という事になってこようかと思われます。


【1時間足】


1時間足で見ていくと特に短期の波が描きにくい状態にありましたが、一昨日・昨日の値動きによって、まとまった戻しが入ったような形になっています。


細かい波をどう描くか?に捉われず、日足のレベルの波との整合性を取りながら、サポレジをアップデートして行くという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年08月01日
ユーロドル1時間足チャート2018年08月01日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.17027

高値:1.17453

安値:1.16828

終値:1.16894

-13.3pips(高値から安値:62.5pips)


ユーロ/ドルの解説


【日足】


7月31日のユーロドルの日足の形状は、上ヒゲが長めの小陰線となりました。


『1.15377』~『1.17971』のレンジの中での値動きが継続しており、引き続きレンジをどちらへ抜けていくかを見ていくという状況が継続しています。


【1時間足】


日足のレンジ中での値動きが継続しており、波も描きにくい状況ですので、今は無暗に手を出さないという事で良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:--【英国】英中銀金融政策委員会(MPC)1日目

--:--【スイス】休場

07:45【ニュージーランド】4-6月期四半期失業率

10:45【中国】7月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)

15:00【英国】7月ネーションワイド住宅価格(前月比)

17:00【ユーロ】7月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)

17:30【英国】7月製造業購買担当者景気指数(PMI)

20:00【米国】MBA住宅ローン申請指数(前週比)

21:15【米国】7月ADP雇用統計(前月比)

22:45【米国】7月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)

23:00【米国】6月建設支出(前月比)

23:00【米国】7月ISM製造業景況指数

27:00【米国】米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事