FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ストキャスティクス、CCI、RSIをもとにBBのスクイーズを予想するMT4インジケーター『Bollinger Squeeze v8.mq4』

更新日時:2019年03月16日 12:31

Bollinger Squeeze v8スクリーンショット


Bollinger Squeeze v8.mq4は、ストキャスティクス、CCI、RSIの3つのテクニカル指標のうち1つをもとに、ボリンジャーバンドのスクイーズ(収縮)と相場の方向性を示唆するヒストグラムを表示するMT4用のインジケーターです。


このインジケーターでは、パラメーター設定画面から、ストキャスティクス、CCI、RSIの中からトリガーとして使用するテクニカル指標を選択することができ、選択したテクニカル指標によって異なる表示方法のヒストグラムが表示されます。


基本的な見方はどのヒストグラムも同じで、ヒストグラムの色が緑色であれば上昇局面、ヒストグラムの色が赤色であれば下降局面であることを示唆します。また、赤色および緑色のヒストグラムが表示されているときに、バーの色が青色になった場合、ボリンジャーバンドがスクイーズ(収縮)していることを示唆します。


今回は、この「Bollinger Squeeze v8」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


Bollinger Squeeze v8の入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Bollinger Squeeze v8のダウンロード先は以下となります。


Bollinger Squeeze v8

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでボリンジャーバンドの収縮と拡大と相場の方向性を示唆するヒストグラムが表示されました。


Bollinger Squeeze v8のパラメーター解説


Bollinger Squeeze v8パラメータ画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


triggerType

使用するトリガータイプ

stochPeriod_trigger1

ストキャスティクスの期間

cciPeriod_trigger2

CCIの期間

rsiPeriod_trigger3

RSIの期間


パラメーターの「triggerType」の値を変更することで、どのテクニカル指標をトリガーとして使用するか変更することができ、「1」でストキャスティクスを、「2」でCCIを、「3」でRSIを使用します。


パッと見た限りでは非常に正確にボリンジャーバンドのスクイーズを捉えているように思えます。また、使用するトリガータイプによって、それぞれ異なったヒストグラムが表示されるので、各々に合ったものを使用することが出来ます。気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事