FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ユーロ円

ユーロ円のサポレジ

ユーロ円のサポレジ

このページではユーロ円のサポレジを原則として平日毎日更新して行きます。 日足・1時間足レベルのサポートライン・レジスタ...

アメリカとカナダ、NAFTA再交渉協議期限ギリギリに合意

アメリカとカナダ、NAFTA再交渉協議期限ギリギリに合意

10月2日の金融市場は、株高・米国債利回りは長期債を中心に上昇、為替はユーロ安となりました。 材料としては、イタリアの...

バルニエ首席交渉官、英国の離脱条件について合意できる可能性があるとの立場示す

バルニエ首席交渉官、英国の離脱条件について合意できる可能性があるとの立場示す

9月17日の金融市場は、米株は下落、為替はユーロ高となりました。 トランプ米大統領が引け後に対中関税を巡る方針を公表す...

トランプ大統領、約2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税措置を指示との報道

トランプ大統領、約2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税措置を指示との報道

9月14日の金融市場は、米株はほぼ横ばい、10年債利回りは上昇後に低下。為替はユーロ安・ドル高での推移となりました。 ...

フォックス英国際貿易相がハードブレグジットの可能性が高まっていると発言

フォックス英国際貿易相がハードブレグジットの可能性が高まっていると発言

8月7日の金融市場は、米株は上昇、米十年債利回りは低下、為替ではポンドが売られています。 英国のフォックス国際貿易相が...

トランプ大統領とユンケル欧州委員長が貿易障壁の削減に向けて取り組む方針で合意

トランプ大統領とユンケル欧州委員長が貿易障壁の削減に向けて取り組む方針で合意

7月25日の金融市場は、株高・米国債利回り上昇、金も上昇となりました。 為替はややドル高に振れましたが、トランプ大統領...

米中貿易戦争懸念くすぶるも、それほどリスクオフにはなっていない印象

米中貿易戦争懸念くすぶるも、それほどリスクオフにはなっていない印象

7月12日の金融市場は、日米ともに株高、米国債利回り上昇、金は小反発となりました。 この所の金融市場の動きを見...

トランプ政権が2000億ドル相当の対中追加関税追加を発表

トランプ政権が2000億ドル相当の対中追加関税追加を発表

7月10日の金融市場は、米株は堅調・円安進行といった具合の値動きとなりましたが、本日朝からトランプ政権が2000億ドル相...

イタリアのコンテ新首相就任。ユーロ離脱はないと言明も肝心の政策は?

イタリアのコンテ新首相就任。ユーロ離脱はないと言明も肝心の政策は?

昨日の動画で申し上げました通り、本日は動画・ユーロドルの解説はお休みとさせていただきます。 6月5日の金融市場は、イタ...

イタリアの政局不安後退で米10年債利回り上昇、株高、ユーロに買い戻し

イタリアの政局不安後退で米10年債利回り上昇、株高、ユーロに買い戻し

6月4日の金融市場は、米中貿易摩擦に対する懸念はあるものの、イタリアの政局不安が解消された事で米10年債利回りが...

極右政党『同盟』のサルビーニ書記長のEU離脱発言でユーロ安

極右政党『同盟』のサルビーニ書記長のEU離脱発言でユーロ安

5月28日は、米朝首脳会談と欧州政局でそれぞれ材料が出ました。 1. 米朝首脳会談 トランプ米大統領が週末に...

英国の関税同盟離脱をめぐってポンドは乱高下、イタリアの連立政権は問題先送り

英国の関税同盟離脱をめぐってポンドは乱高下、イタリアの連立政権は問題先送り

昨日は、英国のEU離脱に絡んだ材料が出ました。 1. 英国はEU離脱後も関税同盟に残留する意向との報道 英国...

ECB利上げタイミングに関する新たなガイダンスを公表する可能性

ECB利上げタイミングに関する新たなガイダンスを公表する可能性

5月14日は、欧・米でそれぞれ材料が出ました。 1. ビルロワ仏中銀総裁の発言 ECB(欧州中央銀行)理事会...

武田薬品のシャイアー買収発表もリスクオフ材料頻出で大きな値動きには繋がらず

武田薬品のシャイアー買収発表もリスクオフ材料頻出で大きな値動きには繋がらず

5月8日の為替市場では、いくつかの材料が出ました。 1. 武田薬品のシャイアー買収発表 武田薬品工業は、かね...

良くも悪くもない雇用統計。アメリカの適温経済継続

良くも悪くもない雇用統計。アメリカの適温経済継続

先週末金曜日5月4日は、米雇用統計の発表が行われました。 4月非農業部門雇用者数変化(前月比) 前回:10....

ECBの金融政策は変わり映えのしない内容、市場は失望売りで反応

ECBの金融政策は変わり映えのしない内容、市場は失望売りで反応

4月26日は、ECBの金融政策発表並びにドラギ総裁の会見が行われました。 ECB(欧州中銀)は政策金利据え置き...

米10年債利回り節目の3%到達で株安、NYダウは一時600ドル超の値下がり

米10年債利回り節目の3%到達で株安、NYダウは一時600ドル超の値下がり

4月25日の為替市場では、米10年債利回りが節目の3.00%に到達しました。 これを受けて、企業の資金調達コス...

ECB債券購入プログラム終了は7月会合以降?

ECB債券購入プログラム終了は7月会合以降?

先週末金曜日は、欧州関連でいくつか材料が出ました。 1. 武田薬品のシャイアー社買収提案 本邦の武田薬品工業...

カーニー総裁発言で英5月利上げ観測後退、ポンド売り

カーニー総裁発言で英5月利上げ観測後退、ポンド売り

4月19日はいくつかの要人発言が出ました。 1. 日米首脳会談後の共同記者会見 トランプ米大統領は日米首脳会...

日米首脳会談は過激発言等もなく無難に通過

日米首脳会談は過激発言等もなく無難に通過

4月18日は日米首脳会談が行われ、警戒されていたような過激発言もなく無難に通過しています。 サプライズ的な過激...

米企業決算は好調、日米首脳会談は?

米企業決算は好調、日米首脳会談は?

市場の関心は日米首脳会談・米企業決算に移ってきているという中で、ネットフリックスの好決算を受けて米株式指数は上昇...

シリア攻撃は1回限り?シリアリスクは終息へ

シリア攻撃は1回限り?シリアリスクは終息へ

米英仏は13日(NY市場終了後)、シリアへの共同軍事攻撃を行いましたが、殊の外、リスクオフにはならなかった印象が...

米雇用統計とパウエルFRB議長講演。リスクを落として良い週末を

米雇用統計とパウエルFRB議長講演。リスクを落として良い週末を

4月5日の為替市場では、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言が注目されました。 クドロー米国家経済会議...

中国、アメリカへの報復関税発表。米政府の火消しで落ち着いた感もあるが果たして?

中国、アメリカへの報復関税発表。米政府の火消しで落ち着いた感もあるが果たして?

中国政府は、米国の対中関税への報復措置として大豆、自動車、化学製品、一部航空機、トウモロコシ製品など農産物を含む...

トランプ大統領・黒田日銀総裁の発言を受け、ややリスクオン

トランプ大統領・黒田日銀総裁の発言を受け、ややリスクオン

4月3日の為替市場では、日・米の要人発言を背景にややリスクオンとなりました。 1. 黒田日銀総裁の発言 黒田...

トランプ大統領のツィートでamazon株から売りが飛び火、米国株は軒並み下落

トランプ大統領のツィートでamazon株から売りが飛び火、米国株は軒並み下落

4月2日の為替市場は、トランプ米大統領の発言に振らされる展開となりました。 トランプ米大統領は『郵政公社(US...

週末・月末・会計年度末・イースター休暇の特異日で閑散相場

週末・月末・会計年度末・イースター休暇の特異日で閑散相場

先週末金曜日3月30日は週末・月末・会計年度末が重なる特異日であった上、欧米勢はイースター休暇であったことから、...

イースター休暇前、週末・月末・会期末を控えて調整の1日

イースター休暇前、週末・月末・会期末を控えて調整の1日

3月29日の為替市場は、イースター休暇前、週末・月末・会期末を控えるという中で、特段大きな材料も出ませんでした。...

パウエルFRB議長体制で初のFOMC

パウエルFRB議長体制で初のFOMC

本日から明日にかけてパウエル体制になって初めてのFOMCが行われます。 今回のFOMCでは、0.25%のFF金...

日米の疑惑関連の材料出るも相場はユーロ売り

日米の疑惑関連の材料出るも相場はユーロ売り

3月15日の為替市場は日米の疑惑関連の材料が出ました。 1. 麻生財務大臣G20欠席 麻生財務大臣が財務省の森友文書...

内憂外患のメルケル政権、4期目の船出

内憂外患のメルケル政権、4期目の船出

ドイツ連邦議会(下院)は3月14日、メルケル首相を再選しました。 これでメルケル政権は4期目に入ることになりますが、盤...

コーン委員長辞任もホワイトハウス迅速な火消し

コーン委員長辞任もホワイトハウス迅速な火消し

トランプ米大統領の鉄鋼・アルミ関税に反対していた米国家経済会議(NEC)のコーン委員長が辞任した事を受け、米政権の保護主...

日・米・欧それぞれに材料、市場はユーロ売り・円買い

日・米・欧それぞれに材料、市場はユーロ売り・円買い

2月28日の為替市場では、日・米・欧それぞれに材料が出ました。 1. 日銀が国債買い入れオペを通告 中長期債の買入れ...

パウエル議長初の議会証言は無難に乗り切った印象

パウエル議長初の議会証言は無難に乗り切った印象

2月28日はパウエルFRB(米連邦準備理事会)議長の初の議会証言が行われました。 パウエル議長は、経済の過熱リスクと成...

英国のEU離脱後もシングル・マーケットへのアクセス許可検討

英国のEU離脱後もシングル・マーケットへのアクセス許可検討

2月20日の為替市場は、米国債利回り上昇を足掛かりにドルが上昇する展開となりました。 また、一部のニュース専門サイトが...

麻生大臣発言円高容認と受け取られたか?

麻生大臣発言円高容認と受け取られたか?

2月15日は日本関係でいくつかの材料が出ました。 1. 麻生財務大臣の発言 麻生財務相が『日米ともに経済ファンダメン...

ユーロ買い圧力強し、円買い・ドル売りではなくユーロを買う理由は?

ユーロ買い圧力強し、円買い・ドル売りではなくユーロを買う理由は?

2月14日の為替相場は、終値ベースで全体としてみればドル売りの1日となりました。 しかし、日中の値動きを見ていくとNY...

FOMC声明、タカ派的な内容になるとの見方もあるが、果たして?

FOMC声明、タカ派的な内容になるとの見方もあるが、果たして?

1月30日の為替市場は本日にFOMCを控え小動きとなりました。 今週はFOMCのほか、2月2日に米雇用統計も予定されて...

本日からFOMCパウエル新体制の金融政策の手掛かりは?

本日からFOMCパウエル新体制の金融政策の手掛かりは?

1月29日の為替市場は、本日からFOMCを控えるという点や週末に米雇用統計を控えるという事もあり、全体に小動きとなりまし...

米議会つなぎ予算審議難航、ドイツ連立協議採決で様子見ムード

米議会つなぎ予算審議難航、ドイツ連立協議採決で様子見ムード

先週末金曜日は、米議会でつなぎ予算の審議が難航しており、政府機関の一部閉鎖が現実味を帯びてきた事や21日にドイツ第2党の...

欧州要人によるユーロ高牽制発言連発

欧州要人によるユーロ高牽制発言連発

1月17日の為替市場は、特段大きな出来事はありませんでしたが、欧州要人によるユーロ高牽制発言がありました。 1. コン...

ユーロのネガティブ材料続出もユーロは高止まり

ユーロのネガティブ材料続出もユーロは高止まり

1月16日の為替市場では、ユーロ関連の材料がいくつか出ました。 1. ビルロワドガロー仏中銀総裁のユーロ高牽制発言 ...

ECB12月議事要旨、市場はユーロ買いで反応

ECB12月議事要旨、市場はユーロ買いで反応

1月11日の為替市場では、以下のような事柄が材料視されています。 1. 前日にあった中国の米国債購入の縮小・停止を検討...

米共和党のポール上院議員が税制改革法案に反対表明もFOMC前で材料視されず

米共和党のポール上院議員が税制改革法案に反対表明もFOMC前で材料視されず

12月12日の為替市場はFOMCに市場の関心が集中する中、米共和党のポール上院議員が米税制改革法案について、『米国の債務...

  1. 1