FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ユーロドル

ユーロドルのサポレジ

ユーロドルのサポレジ

このページではユーロドルのサポレジを原則として平日毎日更新して行きます。 日足・1時間足レベルのサポートライン・レジス...

G7サミットは物別れ。今日から重要イベント目白押し

G7サミットは物別れ。今日から重要イベント目白押し

6月11日の金融市場は、いくつかの材料が出ました。 1. G7サミット 主要7カ国首脳会議(G7サミット)は...

プラート専務理事、ECBが年内に債券買い入れを終了する可能性を示唆

プラート専務理事、ECBが年内に債券買い入れを終了する可能性を示唆

6月6日の金融市場では、ECB(欧州中央銀行)が年内に債券買い入れ策を終了する可能性があることを示唆する当局者の...

米国がカナダ、メキシコ、EUに鉄鋼・アルミニウムに対する輸入関税を適用

米国がカナダ、メキシコ、EUに鉄鋼・アルミニウムに対する輸入関税を適用

5月31日の金融市場は、米国がカナダ、メキシコ、EU(欧州連合)に対して、鉄鋼・アルミニウムに対する輸入関税を適...

イタリアの政局混迷でユーロ安、債券安、株安

イタリアの政局混迷でユーロ安、債券安、株安

5月29日の為替市場は、イタリア政局の混迷を受けてドルが対ユーロで10カ月ぶりの高値を付けるなど、ユーロ売りの1...

米朝首脳会談先送り懸念で株安から円全面高へ

米朝首脳会談先送り懸念で株安から円全面高へ

5月23日の為替市場は円全面高の展開となりました。以下のような事柄が材料視されています。 1. トルコリラの動...

米中貿易戦争懸念後退でNYダウは2ヶ月ぶり高値

米中貿易戦争懸念後退でNYダウは2ヶ月ぶり高値

5月21日は、テレビ番組でムニューシン米財務長官が『(中国との)貿易戦争を保留にする。関税措置をいったん保留にす...

米長期金利は2011年7月以来の高水準、ドル円も110円を回復

米長期金利は2011年7月以来の高水準、ドル円も110円を回復

5月15日の為替市場では特段大きな材料は出ませんでしたが、米4月小売売上高の堅調な伸びなどを背景に、米10年債利...

材料難で全体に小動き。次の材料は?

材料難で全体に小動き。次の材料は?

先週末金曜日は、材料難で全体として小動きとなりました。 次の材料待ちという事になろうかと思います。 ドル/円...

武田のシャイアー買収などにわかに注目のポンド、内相辞任で政権運営に影を落とすか?

武田のシャイアー買収などにわかに注目のポンド、内相辞任で政権運営に影を落とすか?

4月30日は、あまり大きな材料は出ませんでしたが、英国でラッド内相が辞任するという出来事がありました。 第2次...

米10年債利回り3.03%台、2年債利回りは9年7か月ぶりに2.50%台へ上昇

米10年債利回り3.03%台、2年債利回りは9年7か月ぶりに2.50%台へ上昇

4月25日の為替市場は、米10年債利回りが3.03%台に上昇して約4年3カ月ぶりの高水準を記録、2年債利回りにつ...

日・米・欧・中それぞれに材料出るもトランプ大統領の顧問弁護士強制捜査でリスクオフ

日・米・欧・中それぞれに材料出るもトランプ大統領の顧問弁護士強制捜査でリスクオフ

4月9日の為替市場では、中国・日本・ユーロ・米国それぞれで材料が出ました。 1. 人民元切り下げ報道 『中国...

マクマスター大統領補佐官解任!後任は対外強硬派のジョン・ボルトン氏

マクマスター大統領補佐官解任!後任は対外強硬派のジョン・ボルトン氏

先週末金曜日3月23日は、貿易戦争に絡み、アメリカの動向に振り回される展開となりました。 トランプ米大統領は、...

金利引き上げは織り込み済みでパウエル議長の初会見に注目が集まるか?

金利引き上げは織り込み済みでパウエル議長の初会見に注目が集まるか?

昨日からパウエル体制初のFOMCが開催されています。 本日(日本時間明日未明)は政策金利発表、パウエル議長の会...

ティラーソン国務長官更迭。後任は強硬派ポンペオCIA長官

ティラーソン国務長官更迭。後任は強硬派ポンペオCIA長官

3月13日はトランプ米大統領がティラーソン国務長官の解任と、ポンペオ中央情報局(CIA)長官を後任の国務長官に据える事を...

トランプ大統領、保護主義的な方針表明でドル安

トランプ大統領、保護主義的な方針表明でドル安

3月1日の為替市場では、トランプ米大統領が鉄鋼に25%、アルミに10%の関税を課す方針を表明したことを受け、貿易摩擦への...

米株高・ドル安、セオリー無視の相関関係

米株高・ドル安、セオリー無視の相関関係

先週末金曜日の為替市場は、米十年債利回りが3%に迫り、米株も上昇という展開でしたが、ドルは値下がりという『米株高・ドル安...

株価動向を引き続き注視。円中心のフローではないように見える部分も

株価動向を引き続き注視。円中心のフローではないように見える部分も

2月13日の為替市場は、日経平均が急速に下落したことやNYダウ先物が時間外取引で急落したことを受けて、ドル円は2017年...

BOEのタカ派姿勢で米長期金利上昇→株安→円買い

BOEのタカ派姿勢で米長期金利上昇→株安→円買い

2月8日の為替市場は、米株式市場・債券市場が荒れ模様となる中、主要3通貨ペア(ドル円・ユーロ円・ユーロドル)の値動きの上...

欧・米で材料続出、FRBは株安でも利上げに躊躇しない構え

欧・米で材料続出、FRBは株安でも利上げに躊躇しない構え

2月7日の為替市場では、いくつかの材料が出ました。 1. ドイツ連立政権合意 メルケル独首相が率いるキリスト教民主・...

ダウ大幅反発、当面は米長期金利と米株の推移に注目

ダウ大幅反発、当面は米長期金利と米株の推移に注目

2月6日の為替相場は、各国の株式市場を意識しながらの値動きとなりました。 前日の米ダウ平均が1600ドル近く下落し、日...

黒田総裁、金融緩和政策維持を強調、金融正常化観測を牽制

黒田総裁、金融緩和政策維持を強調、金融正常化観測を牽制

1月23日は日銀の金融政策決定会合の二日目が行われました。 黒田総裁は会合終了後の会見で、現行の金融緩和を続けていくこ...

中国、米国債投資に消極的・アメリカのNAFTA脱退報道。2018年明けはリスクオフ気味の展開

中国、米国債投資に消極的・アメリカのNAFTA脱退報道。2018年明けはリスクオフ気味の展開

1月10日の為替市場では、日銀の量的緩和縮小観測に加え、中国が米国債投資に消極姿勢を示したとの報道が材料となりました。 ...

日銀ステルステーパリングとの見方も金融政策転換と捉えるのは時期尚早か

日銀ステルステーパリングとの見方も金融政策転換と捉えるのは時期尚早か

新年あけましておめでとうございます。『FXで何やっても勝てなくて、やったコト』でございます。 新年早々ではございますが...

クリスマス休暇前で為替は動意欠くも米国株は主要3指数揃って史上最高値を更新

クリスマス休暇前で為替は動意欠くも米国株は主要3指数揃って史上最高値を更新

12月18日の為替相場は、クリスマス休暇を控えるという事もあり、特段大きな材料等は出ませんでしたが、米国株はNYダウ平均...

FOMC通過も利上げ・来年の利上げペース共に予想通り過ぎで完全に織り込み済み

FOMC通過も利上げ・来年の利上げペース共に予想通り過ぎで完全に織り込み済み

12月13日(日本時間12月14日未明)はFOMC(米連邦公開市場委員会)が行われ、予想通りFFレートを1.25-1.5...

  1. 1