FXで何やっても勝てなくて、やったコト

特定の時間帯に形成されたレンジのブレイクをマーカーで表示するMT4インジケーター「SDX-ZoneBreakout」

更新日時:2020年04月03日 04:52

SDX-ZoneBreakoutスクリーンショット


本格的なブレイクアウトが起こると、価格はしばらく同じ方向に動き続けるため、うまくブレイクアウトを捉えることができれば、大きな利益を上げることができます。


「SDX-ZoneBreakout」は、ブレイクアウトが発生する可能性のある水準を表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. デイトレードやスキャルピングなどの短期取引を行っている方

  2. レンジのブレイクアウトを捉えたい方

  3. EUR/USDやGBP/USDを取引している方


この記事ではそういった方のため、「SDX-ZoneBreakout」について解説していきます。


  1. SDX-ZoneBreakoutの概要
  2. SDX-ZoneBreakoutを表示する方法
  3. SDX-ZoneBreakoutのパラメーター解説
  4. まとめ

SDX-ZoneBreakoutの概要


「SDX-ZoneBreakout」を起動すると、4時間の間に形成されたレンジを検出して、カーキ色のラインで表示します。


また、価格がレンジをブレイクすると、ブレイクした箇所に黄色のマーカーを表示します。


このインジケーターは検出したレンジを、そのまま表示しているわけではなく、ノイズでシグナルが出ないように少し広めに表示しています。


どの程度広げて表示するのかは、パラメーターで調整可能です。


インジケーターの開発者によると、「SDX-ZoneBreakout」は、海外のネット掲示板に書き込まれた「Simple Combined Breakout System for EUR/USD and GBP/USD」という記事をもとにしているとのことですが、このページは削除されてしまったようです。


また、EUR/USDとGBP/USDのための手法となっていますので、使用する際は留意しておきましょう。


SDX-ZoneBreakoutを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SDX-ZoneBreakoutのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SDX-ZoneBreakout


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SDX-ZoneBreakoutのパラメーター解説


SDX-ZoneBreakoutパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

DoEntryAlerts

アラートの有効/無効


初期値:false


trueに設定するとアラートが有効になります。

TimeZoneOfData

タイムゾーン


初期値:2


グリニッジ標準を基準に、レンジを検出するタイムゾーン設定します。

PipsForEntry

エントリー水準の値幅


初期値:5


検出したレンジにここで設定した値幅を加えて、インジケーターを表示します。


「TimeZoneOfData」は、タイムゾーンを設定するための項目で、1に設定した場合はGMT+1、2に設定した場合はGMT+2のタイムゾーンが適用されます。


「PipsForEntry」は検出したレンジを、どの程度広げて表示するのかを設定するための項目で、値を大きくするほど表示するレンジの幅が広くなります。


まとめ


「SDX-ZoneBreakout」について解説しましたが、以下に要点をまとめておきます。


  1. 設定した時間帯に検出したレンジを表示する。

  2. 検出したレンジを価格がブレイクすると黄色いマーカーが表示される。

  3. EUR/USDとGBP/USD用のインジケーター。


「SDX-ZoneBreakout」は、日足より短い時間足の短期的なレンジのブレイクを、捉えたい方に向いているインジケーターです。


EUR/USD・GBP/USD用となっているため、インジケーターを使用できる通貨ペアが限られてしまいますが、どちらも取引が盛んな通貨ペアですので、インストールしておけば活用できる場面があるかもしれません。

関連記事