FXで何やっても勝てなくて、やったコト

レンジのブレイクが発生しそうな水準を表示するMT4インジケーター「SDX-ZoneBreakout2」

更新日時:

SDX-ZoneBreakout2スクリーンショット

レンジのブレイクアウトを捉えるためには、チャート上に形成されたレンジを探す必要があります。

「SDX-ZoneBreakout2」は、特定の時間帯の値動きをもとにレンジを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。

  1. デイトレードやスキャルピングがメインの方

  2. EUR/USDやGBP/USDをよく取引する方

  3. レンジのブレイクアウトでエントリーしたい方

この記事ではそういった方のために、「SDX-ZoneBreakout2」について解説します。

  1. SDX-ZoneBreakout2の概要
  2. SDX-ZoneBreakout2を表示する方法
  3. SDX-ZoneBreakout2のパラメーター解説
  4. まとめ

SDX-ZoneBreakout2の概要

「SDX-ZoneBreakout2」を起動すると、4時から8時までの値動きにもとづくレンジが表示されます。

価格がレンジをブレイクしたポイントには、黄色いマーカーが表示されます。

値動き検出する時間帯は、初期設定の状態ではGMT+2に設定されていますが、パラメーターから変更可能です。

表示されるレンジについては、4時から8時のレンジをベースにしているものの、そのままの値幅で表示しているわけではなく、若干広めに表示されます。

インジケーターの開発者によるとこのインジケーターは、EUR/USDとGBP/USD向けになっているとのことですので留意しておきましょう。

また、動意の薄い相場ではダマしが多くなるため注意が必要です。

SDX-ZoneBreakout2を表示する方法

まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SDX-ZoneBreakout2のダウンロード先は以下となります。

※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。

SDX-ZoneBreakout2

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。

MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

SDX-ZoneBreakout2のパラメーター解説

SDX-ZoneBreakout2パラメーター画像

インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。

「SDX-ZoneBreakout2」のパラメーターは、アラームに関する項目とタイムゾーンを設定する項目、レンジの幅を調整するための項目で構成されています。

入力項目 入力内容

DoEntryAlerts

アラートの有効/無効

初期値:false

trueに設定するとアラートが有効になります。

TimeZoneOfData

タイムゾーン

初期値:2

グリニッジ標準時を基準にレンジを検出するタイムゾーン設定します。

PipsForEntry

エントリー水準の値幅

初期値:5

検出したレンジにここで設定した値幅を加えて、インジケーターを表示します。

「DoEntryAlerts」はアラートの有効/無効にするための項目で、初期設定ではアラートが無効になっていますので、必要な場合はtrueに変更しましょう。

「TimeZoneOfData」はインジケーターに適用するタイムゾーンを設定するための項目で、1に設定した場合はGMT+1、2に設定した場合はGMT+2というように、GMTを基準に設定します。

「PipsForEntry」は、レンジの幅を調整するための項目で、大きな値に設定するほどレンジの幅も広くなります。

まとめ

「SDX-ZoneBreakout2」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。

  1. 4時間の値動きにもとづいてレンジを表示する。

  2. レンジがブレイクされたポイントには黄色いマーカーを表示する。

  3. EUR/USDとGBP/USD向けのインジケーター。

  4. アラート機能も使用できる。

「SDX-ZoneBreakout2」は、ブレイクアウトを狙った取引ができそうな水準を、分析したい方に向いているインジケーターです。

インジケーターの性質上、日足より長い時間足では使用できませんので、デイトレードやスキャルピングなどの短期取引向けのインジケーターといえます。

EUR/USDとGBP/USD用となっていますので、これらの通貨ペアをよく取引する方は、一度試してみてはいかがでしょうか。