FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ブレイクアウトが発生する可能性のある箇所にマーカーを表示するMT4インジケーター「Three_Line_Break」

更新日時:2020年05月26日 22:18

Three_Line_Breakスクリーンショット


ブレイクアウトを分析できるインジケーターを、試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「Three_Line_Break」は、ブレイクアウトが起こる可能性のあるポイントを、分析するためのインジケーターで次のような方に向いています。


  1. ブレイクアウトを捉えたい方

  2. ブレイクアウト系の手法を使用している方


以上のような方のためにこの記事では、「Three_Line_Break」について解説します。


  1. Three_Line_Breakの概要
  2. Three_Line_Breakを表示する方法
  3. Three_Line_Breakのパラメーター解説
  4. まとめ

Three_Line_Breakの概要


「Three_Line_Break」は一定期間中の高値・安値をもとに、ブレイクアウトが起こる可能性のあるポイントにマーカーを表示するインジケーターで、TLBというインジケーターがベースになっています。


インジケーターを起動するとローソク足上に、赤色か青色のバーを表示します。


「Three_Line_Break」がそれぞれのバーを表示する条件は以下の通りです。


算出期間中の高値を更新した場合、青色のバーを表示。


算出期間中の安値を更新した場合、赤色のバーを表示。


青色のバーは価格が上方にブレイクする可能性を示しており、赤色のバーは価格が下方にブレイクする可能性を示しています。


レンジ相場ではダマしのシグナルが多くなるため、「Three_Line_Break」単体で使用するのではなく、他のインジケーターや手法と組み合わせて使用する必要があります。


Three_Line_Breakを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Three_Line_Breakのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Three_Line_Break


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Three_Line_Breakのパラメーター解説


Three_Line_Breakパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

BreakPeriod

ブレイクポイントの検出期間


初期値:5


高値と安値を検出する期間を設定します。


「BreakPeriod」は、ブレイクされる可能性のある高値と安値の水準を検出するための項目で、大きな値に設定するほど価格を検出する期間が長くなります。


まとめ


「Three_Line_Break」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 一定期間中の高値・安値をもとに、ブレイクアウトが起こる可能性のあるポイントにマーカーを表示する。

  2. 青色のバーは価格が上方にブレイクする可能性を示している。

  3. 赤色のバーは価格が下方にブレイクする可能性を示している。


「Three_Line_Break」は、ブレイクアウトを捉えたい方に向いているインジケーターです。


ブレイクアウトを分析できるインジケーターを試してみたいという方には、ちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。


実際の相場でどの程度うまく機能するのか、十分にテストを行った上で使用することをおすすめします。

関連記事