FXで何やっても勝てなくて、やったコト

標準偏差にもとづく2つのチャネルを表示するMT4インジケーター「StandardDeviationChannel」

更新日時:2020年11月14日 23:52

StandardDeviationChannelスクリーンショット


MT4にはチャネルラインを引くためのツールが標準で実装されていますが、手動で行くのは面倒だと感じたことはないでしょうか。


「StandardDeviationChannel」は、チャネルラインを自動的に表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. チャンネルを用いた手法で取引している方

  2. チャンネルラインを手動で引くのは面倒だと感じている方


この記事では上記のような方のために、「StandardDeviationChannel」について解説します。


  1. StandardDeviationChannelの概要
  2. StandardDeviationChannelを表示する方法
  3. StandardDeviationChannelのパラメーター解説
  4. まとめ

StandardDeviationChannelの概要


インジケーターを起動すると、水色のラインでチャネルが表示されます。


実線はチャネルライン、点線はチャネルの中間水準を示すラインです。


「StandardDeviationChannel」は、標準偏差にもとづいてチャンネルの幅を決定しています。


内側のチャネルラインは偏差1、外側のチャネルラインは偏差2のラインです。


それぞれの偏差はパラメーターから変更できるので、チャネルの幅を調整したい場合は偏差の値を変更しましょう。


StandardDeviationChannelを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StandardDeviationChannelのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StandardDeviationChannel


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StandardDeviationChannelのパラメーター解説


StandardDeviationChannelパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

InputStarBar

開始バー


初期値:0


インジケーターの算出期間を開始する場を設定します。

InputCalcBars

算出期間


初期値:120


インジケーターの算出期間を設定します。

f1

インナーチャネルの偏差


初期値:1.0


インナーチャネルの幅を設定します。

f2

アウターチャネルの偏差


初期値:2.0


アウターチャネルの幅を設定します。


「InputStarBar」は、インジケーターの算出を開始する場を設定するための項目で、0に設定した場合は直近のバーから計算を実行します。


「InputCalcBars」はインジケーターの算出期間を設定するための項目です。


120に設定した場合は、ローソク足120本分の期間の値動きにもとづいてインジケーターを算出します。


「f1」と「f2」はチャネルの幅を設定するための項目で、大きな値に設定すること幅が広くなります。


まとめ


「StandardDeviationChannel」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. チャネルを自動的に表示する。

  2. 標準偏差にもとづいてチャネルの幅は決定される。


「StandardDeviationChannel」は、手動でチャネルを弾いている方に向いているインジケーターです。


チャネルを手動で表示するのは面倒だと感じている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事