FXで何やっても勝てなくて、やったコト

値動きの位相を表示するMT4インジケーター「PanPrizMA_Sin_leverage_72」

更新日時:2022年05月23日 11:55

PanPrizMA_Sin_leverage_72スクリーンショット


長期的なトレンドの方向を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「PanPrizMA_Sin_leverage_72」は、値動きの位相を表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 長期的なトレンドの方向を分析したい方

  2. 移動平均線によるトレンド分析をよく使用する方


この記事では、「PanPrizMA_Sin_leverage_72」について詳しく解説します。


  1. PanPrizMA_Sin_leverage_72の概要
  2. PanPrizMA_Sin_leverage_72を表示する方法
  3. PanPrizMA_Sin_leverage_72のパラメーター解説
  4. まとめ

PanPrizMA_Sin_leverage_72の概要


「PanPrizMA_Sin_leverage_72」は、2次・4次多項式をもとに値動きの位相を表示します。


インジケーターを起動すると3本のラインが表示され、主にグレーと赤色のラインをシグナルとして使用します。


使い方は、複数の移動平均線を使用したトレンド分析に似ています。


グレーのラインが赤色のライン下から上に抜けた場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示唆するシグナルです。


反対に、グレーのラインが赤色のライン上から下に抜けた場合は、下降トレンドが発生した可能性があります。


PanPrizMA_Sin_leverage_72を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

PanPrizMA_Sin_leverage_72のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


PanPrizMA_Sin_leverage_72


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


PanPrizMA_Sin_leverage_72のパラメーター解説


PanPrizMA_Sin_leverage_72パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

line_power

ラインパワー


初期値:2


ライン4の感度を設定します。

leverage

振り幅


初期値:132


ライン4の振り幅を設定します。

multiplier

乗数


初期値:-2.0


ライン4の算出に用いる乗数を設定します。

line4_SHIFT

ライン4のシフト


初期値:0


ライン4のシフトを設定します。

interval

間隔


初期値:3


各ラインのシフトの間隔を設定します。

StartPoint

始点


初期値:400


インジケーターを算出する始点を設定します。


「line_power」は、ライン4の感度を設定するための項目です。


「line_power」は、2~4の間で指定する必要があり、大きな値に設定するほどライン4の感度が高くなります。


「leverage」は、ライン4の振り幅を設定するための項目です。


小さな値に設定するほど、ライン4の振り幅が大きくなります。


「line4_SHIFT」は、ライン4のシフトを設定するための項目です。


設定した値に応じてライン4の表示位置が左右に移動します。


まとめ


「PanPrizMA_Sin_leverage_72」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 相場の位相を表示

  2. グレーのラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、上昇トレンドが発生した可能性がある

  3. グレーのラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合は、下降トレンドが発生した可能性がある


「PanPrizMA_Sin_leverage_72」は、長期的なトレンドの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


「PanPrizMA_Sin_leverage_72」だけで、エントリーのタイミングや水準を分析することはできないので、ほかのインジケーターのシグナルを確認しながら使用した方がよいでしょう。

関連記事