FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの始まり・終わりの兆候を表示するMT4インジケーター「RSI-TC_NEW」

更新日時:2022年04月17日 21:59

RSI-TC_NEWスクリーンショット


トレンドが始まる兆候や終わる兆候を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「RSI-TC_NEW」は、RSIとボリンジャーバンドをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドが始まる兆候を分析したい方

  2. トレンドが終わる兆候を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「RSI-TC_NEW」について解説します。


  1. RSI-TC_NEWの概要
  2. RSI-TC_NEWを表示する方法
  3. RSI-TC_NEWのパラメーター解説
  4. まとめ

RSI-TC_NEWの概要


「RSI-TC_NEW」を起動すると、サブウィンドウ上にRSIとドットが表示されます。


RSIが黄緑色で表示されている場合は上昇トレンド、赤色で表示されてる場合は下降トレンドが発生している可能性があります。


ドットは、ボリンジャーバンドの状態を表しています。


黄色のドットが表示されている場合は、ボリンジャーバンドの幅が狭くなってきている状態です。


黄色のドットは、トレンドが終わる可能性を示しています。


ボリンジャーバンドが拡大しながら上昇している場合は、黄緑色のドットを表示します。


黄緑色のドットは、上昇トレンドが始まった可能性を示しています。


一方、ボリンジャーバンドが拡大しながら下降している場合は、赤色のドットを表示。


赤色のドットは、下降トレンドが始まった可能性を示しています。


RSI-TC_NEWを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RSI-TC_NEWのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RSI-TC_NEW


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RSI-TC_NEWのパラメーター解説


RSI-TC_NEWパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

RSIPeriod

RSIの期間


初期値:21


RSIの算出期間を設定します。

BullLevel

上昇トレンドの閾値


初期値:50


上昇トレンドを判定する閾値を設定します。

BearLevel

下降トレンドの閾値


初期値:50


下降トレンドを判定する閾値を設定します。

AlertOn

アラートの有無


初期値:true


アラートの有効・無効を設定します。


「RSIPeriod」は、RSIの算出期間を設定するための項目です。


設定した期間に応じて、値動きに対するRSIの反応速度が変化します。


「BullLevel」「BearLevel」は、トレンドを判定する閾値を設定するための項目です。


RSIの値が閾値を超えると、トレンドが発生した可能性を示しています。


「AlertOn」は、アラートの有無を設定するための項目です。


trueに設定するとアラートが有効になり、falseに設定すると無効になります。


まとめ


「RSI-TC_NEW」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. RSIとボリンジャーバンドをもとにトレンドの有無を表示

  2. 上昇トレンドでは黄緑色、下降トレンドでは赤色でRSIを表示

  3. ボリンジャーバンドの幅が狭くなると黄色のドットを表示

  4. ボリンジャーバンドが拡大しながら上昇すると黄緑色、下降すると赤色のドットを表示


「RSI-TC_NEW」は、トレンドの始まりや終わりの兆候を分析したい方に向いているインジケーターです。


「RSI-TC_NEW」単体で使用するのではなく、ほかのインジケーターと組み合わせた上でエントリーすべきかどうか判断した方が良いでしょう。

関連記事