FXで何やっても勝てなくて、やったコト

細かな値動きを除外した階段状の移動平均線を表示するMT5インジケーター「stepma_line」

更新日時:2022年07月05日 13:36

stepma_lineスクリーンショット


移動平均線のダマしのシグナルに悩まされた経験はないでしょうか。


「stepma_line」は、ステップ状の移動平均線を表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 移動平均線のダマしのシグナルに悩まされている方

  2. 移動平均線のノイズを取り除きたい方

  3. トレンドの転換を分析したい方


この記事では「stepma_line」について解説します。


  1. stepma_lineの概要
  2. stepma_lineを表示する方法
  3. stepma_lineのパラメーター解説
  4. まとめ

stepma_lineの概要


「stepma_line」を起動すると、チャート上にラインが1本表示されます。


価格に一定以上の変化がない場合、水平なラインが表示される点が「stepma_line」の特徴です。


そのため、ノイズによるダマしの減少が期待できます。


ラインの色はトレンドの方向によって変化します。


ラインの色が変化した場合、トレンドが転換した可能性があります。


stepma_lineを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

stepma_lineのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


stepma_line


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


stepma_lineのパラメーター解説


stepma_lineパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Volty Length

算出期間


初期値:10


インジケーターの算出期間を設定します。

Sensivity Factor

感度


初期値:1.0


ラインの感度を設定します。

Constant Step Size (if need)

ステップサイズ


初期値:0


ステップのサイズを調整します。

Volty MA Mode : SMA, LWMA

平滑化モード


初期値:SMA


平滑化方法を設定します。

Offset

相対位置


初期値:0


オフセットを設定します。

Percentage of Up/Down Moving

上昇・下降率


初期値:0


上昇・下降率を設定します。

High/Low Mode Switch (more sensitive)

価格のモード


初期値:HighLow


適用価格を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

シフト


初期値:0


垂直方向のシフトを設定します。


「Volty Length」は、ラインの算出期間を設定するための項目です。


ラインに反映される値動きの期間を設定します。


「Volty MA Mode : SMA, LWMA」は、平滑化モードを設定するための項目です。


平滑化に用いる移動平均の種類を、単純移動平均と加重移動平均の中から選択します。


「High/Low Mode Switch (more sensitive)」は、インジケーターの算出に使用する価格を設定するための項目です。


高値・安値か終値から選択します。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、ラインのシフトを設定するための項目です。


設定値に応じてラインの位置が左右に移動します。


まとめ


「stepma_line」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均をステップ状に表示

  2. 価格に一定以上の変化がない場合は水平なラインが表示される

  3. ラインの色が変化した場合は、トレンドが転換したシグナル


「stepma_line」は、移動平均線のノイズに惑わされたくない方に向いているインジケーターです。


「stepma_line」単体でエントリーのタイミングを分析するのは難しいので、ほかのインジケーターと組み合わせて使用しましょう。

関連記事