FXで何やっても勝てなくて、やったコト

プルバックでエントリーするタイミングをドットで表示するMT5インジケーター「silvertrend_signal」

更新日時:2021年11月15日 21:11

silvertrend_signalスクリーンショット


プルバックなどの小さな値動きの反転で、エントリーするタイミングを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「silvertrend_signal」は、エントリーのタイミングをマーカーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. プルバックや小さな値動きの反転でエントリーしたい方

  2. エントリーのタイミングを一目で確認できるインジケーターを探している方


以上のような方のためにこの記事では、「silvertrend_signal」について詳しく解説します。


  1. silvertrend_signalの概要
  2. silvertrend_signalを表示する方法
  3. silvertrend_signalのパラメーター解説
  4. まとめ

silvertrend_signalの概要


「silvertrend_signal」を起動すると、チャート上に黄緑色と赤色とドットが表示されます。


「silvertrend_signal」では、価格が一定以上の反転した場合にシグナルを表示します。


黄緑色のドットは、買いエントリーのシグナルです。


一方、赤いドットは売りエントリーのシグナルを示しています。


また、「silvertrend_signal」にはアラート機能も備わっており、シグナルが表示された際には別ウィンドウにアラートが表示されます。


アラートには、買いと売りどちらのアラートなのかも表示されるので、エントリーする方向を一目で確認できます。


silvertrend_signalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

silvertrend_signalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


silvertrend_signal


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


silvertrend_signalのパラメーター解説


silvertrend_signalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「silvertrend_signal」のパラメーターは、アラートの閾値を設定する項目とアラートと数を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

RISK

アラートの閾値


初期値:3


アラートを出す閾値を設定します。

NumberofAlerts

アラートの数


初期値:2


アラートを出す回数を設定します。


「RISK」は、アラートを出す閾値を設定するための項目です。


大きな値に設定するとアラートが発せられる頻度が低くなり、小さな値に設定すると頻度が高くなります。


「NumberofAlerts」は、アラートを出す回数を設定するための項目です。


1回はアラートが発生られる仕組みになっているため、ここで入力した値に1回分プラスした回数のアラートが発せられます。


まとめ


「silvertrend_signal」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. エントリーのシグナルをマーカーとアラートで通知する

  2. 黄緑色のドットは買いエントリーのシグナル

  3. 赤色のドットは売りエントリーのシグナル


「silvertrend_signal」は、プルバックでエントリーするタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


シグナルの精度は不明なので、実際の取引で使用する前に十分なテストを実施した方が良いでしょう。

関連記事