FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ジグザグをもとにしたチャネルを表示するMT5インジケーター「zigzagcolor_channel」

更新日時:2021年07月12日 23:55

zigzagcolor_channelスクリーンショット


波動の振り幅を視覚的に確認できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「zigzagcolor_channel」は、ジグザグをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 波動分析を取り入れている方

  2. 波動の振り幅を分析したい方

  3. ジグザグをよく使用する方


上記のような方のためにこの記事では「zigzagcolor_channel」について詳しく解説します。


  1. zigzagcolor_channelの概要
  2. zigzagcolor_channelを表示する方法
  3. zigzagcolor_channelのパラメーター解説
  4. まとめ

zigzagcolor_channelの概要


「zigzagcolor_channel」を起動すると、ジグザグとチャネルが表示されます。


チャネルの上限は波動の高値同士を繋げたもので、紫色のラインで表示されます。


一方、下限は安値同士を繋いたもので青色のラインで表示。


ジグザグは、価格が上昇している場合は水色、下降している場合は赤色のラインで表示されます。


波動の振り幅が大きいほど、チャネルの幅も広くなります。


波動分析を取り入れている方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。


「zigzagcolor_channel」に反映させる波動の大きさは、パラメーターで調整できます。


zigzagcolor_channelを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

zigzagcolor_channelのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


zigzagcolor_channel


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


zigzagcolor_channelのパラメーター解説


zigzagcolor_channelパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「zigzagcolor_channel」のパラメーターは、一般的なジグザグと同様の項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。


「ExDepth」は、値動きを検出する最小に幅を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど小さな値動きが無視され、大きな波動がインジケーターに反映されます。


「ExBackstep」は、値動きの反転を検出する期間を設定します。


ここで設定した期間を超えて値動きが逆行した場合、値動きが反転したと判断されます。


まとめ


「zigzagcolor_channel」について解説してきましたがポイントを、まとめると以下のようになります。


  1. ジグザグをもとにしたチャネルを表示する

  2. チャネルの上限は紫色、下限は青色のラインで表示される

  3. 価格が上昇している場合、ジグザグは水色で表示される

  4. 価格が下降している場合、ジグザグは赤色で表示される


「zigzagcolor_channel」は、波動の振り幅を分析したい方に向いているインジケーターです。


このインジケーター単体でエントリーのタイミングを分析することはできないので、あくまでも補助的な用途のインジケーターと考えた方が良いでしょう。

関連記事