XMの口座開設手順を画像入りでどこよりも詳しく解説!

投稿日時:2018年03月27日 05:40

XMの口座開設~MT4・MT5のダウンロード~入金~トレード開始までの手順を画像入りでどこよりも詳しく解説して行きます。


このブログでは、XMと言う海外FXブローカーを割と押しています。


おススメする理由は、最大888倍のレバレッジを使えることやゼロカットシステムによるセーフティネット、手厚いボーナスや充実した日本人サポート等々・・・沢山の理由があり、私はむしろFX初心者の方こそXMで口座を開設してトレードをするメリットが大きいと考えています。


XMの口座開設は非常にカンタンで、口座を開設してすぐにトレードを始める事が出来ます。


このページでは、XMで口座を開設する上での注意点を踏まえながら、XMの口座開設手順を説明していきます。XMは非常におススメの海外FXブローカーなので、この機会に是非、口座を開設しましょう!

  1. 個人確認書類の準備
  2. XMのサイトから口座開設を申し込む
  3. フォームに必要事項を入力
  4. 追加の入力内容を入力
  5. 確認用メールの受信
  6. 会員ページへのログインと口座の有効化
  7. MT4のダウンロードとログイン
  8. 取引口座への入金
  9. 長くトレードを続けて欲しい

XMの口座開設はコチラ

個人確認書類の準備


XMの口座を開設する際には、個人確認書類が必要になります。口座開設の手続きを始めるにあたり、事前に個人確認書類を用意しておくと手続きがスムーズに運びますので、まずは必要な個人確認書類を揃えましょう。


XMで口座を開設するのに必要な個人確認書類は以下のものとなります。


1.公的な身分証明書のコピー


・パスポート

・運転免許証

・マイナンバーカード


上記の内いずれでも構いませんので、スキャナーで読み込むかスマートフォンのカメラで撮影する等しておきましょう。特にスマートフォンから手続きをする場合には、スマートフォンのカメラで撮影しておくと便利です。


上記のいずれであっても口座開設は可能ですが、マイナンバーカードを用意しておきますと確定申告の際にe-taxが利用でき、色々と便利なので、パスポートや運転免許証がないという方、e-taxを利用する予定の方はこの機会に作っておくと良いかもしれません。


2.住所確認書類のコピー


・過去6カ月以内の公共料金(ガス、電気、水道、携帯電話、インターネット、ケーブルテレビやクレジットカードなど)の請求書

・過去6カ月以内の住民票

・有効な健康保険証(住所が裏面、手書きの場合は受付不可)


上記の内いずれでも構いませんので、スキャナーで読み込むかスマートフォンのカメラで撮影する等しておきましょう。いずれを提出する場合でも、1で提出した公的な身分証明書のコピーと住所が同じである必要があります。

XMの口座開設はコチラ

XMのサイトから口座開設を申し込む


必要な個人確認書類の準備が出来たら、XMの公式サイトから、口座開設を申し込みます。


ホームページを開いたら、以下の画像で赤い線で囲った『口座を開設する』ボタンをクリックします。『デモ口座を開設する』の方を選ぶとデモ口座に申し込んでしまうので、取引をするつもりで口座を開設する場合には、必ず『口座を開設する』を選びましょう。


XM口座開設申し込み01PC


なお、以下のボタンクリックで直接口座開設フォームへ行く事が出来ます。

XMの口座開設はコチラ

フォームに必要事項を入力


下の画像のような申し込みフォームの画面が出ますので、フォームに必要事項を入力します。

XM口座開設申し込みフォーム01

下のお名前

下の名前を『アルファベット』で入力しましょう。漢字やひらがな・カタカナはNGです。この際、返金先の銀行口座やクレジットカードの名義と同じである必要がありますので注意しましょう。

苗字を『アルファベット』で入力しましょう。漢字やひらがな・カタカナはNGです。この際、返金先の銀行口座やクレジットカードの名義と同じである必要がありますので注意しましょう。

居住国

『Japan』を選択しましょう。日本以外の国にお住みの場合は住んでいる国を選んでください。

希望言語

『日本語』を選択しましょう。

電話

最初から『+81』と言う数字が入っていますが、電話番号の最初の0を抜かして入力します。例えば、電話番号が03-1234-5678だった場合、『+81312345678』と入力します。

Eメール

メールアドレスを入力しましょう。

取引プラットフォームタイプ

MT4もしくはMT5から選択します。MT4とMT5での違いとして、仮想通貨の取り引きはMT5のみ対応という点が挙げられます。

口座タイプ

『マイクロ』『スタンダード』『XMZero』のいずれかを選びましょう。


※マイクロ口座とスタンダード口座の違いについて・・・マイクロ口座とスタンダード口座で違うのは、取引できるロット数となります。マイクロ口座で取引できるロット数の範囲は10通貨から10万通貨、スタンダード口座は1000通貨から500万通貨までです。よほど小さいロットの取り引きをしたいという特殊なニーズがない限りはスタンダード口座を選びましょう。


※XMZero口座について・・・スプレッド面で優遇された口座となりますが、レバレッジが500倍(スタンダードは888倍)、入金ボーナスが受け取れないという違いがあります。


上記全ての内容を入力したら、『ステップ2へ進む』のボタンをクリックします。

XMの口座開設はコチラ

追加の入力内容を入力


追加の入力内容を入力するフォームへと進みます。


リアル口座の登録2/2


追加の入力内容について、以下の表にまとめました。特に難しいものはありませんが、『口座タイプ』、『投資額(USD)』、『口座の基本通貨』、『レバレッジ』の項目は注意が必要ですので、以下の説明をよく読んで選択して頂けると良いかと思います。


下のお名前(全角カナ表記)

下の名前を全角カナで入力しましょう。出金リクエストをした際の出金スピードに影響してきますので、銀行口座の登録名義を正確に入力しましょう。

姓(全角カナ表記)

苗字を全角カナで入力しましょう。出金リクエストをした際の出金スピードに影響してきますので、銀行口座の登録名義を正確に入力しましょう。

生年月日

入力するプルダウンの順番が『日』『月』『年』となっているので注意しましょう。

都道府県・市

『都道府県』・『市』までの住所を入力しましょう。漢字やひらがな・カタカナはNGですので注意が必要です。『アルファベット』で入力しましょう。


都道府県のアルファベットが分からないという人は『都道府県 ローマ字一覧』などを参考にしても良いでしょう。


※個人確認書類に記載されている住所と同一であることをご確認ください。

番地・部屋番号

番地・部屋番号を入力しましょう。


※個人確認書類に記載されている住所と同一であることをご確認ください。

区町村・町名

『区町村』・『町名』番地・部屋番号を入力しましょう。漢字やひらがな・カタカナはNGですので注意が必要です。『アルファベット』で入力しましょう。


アルファベットが分からないという人は『市町村の名前のローマ字』などを参考にしても良いでしょう。


※個人確認書類に記載されている住所と同一であることをご確認ください。

郵便番号

郵便番号を入力しましょう。

納税義務のある米国市民ですか?

日本人の場合は『いいえ』を選択しましょう。

口座の基本通貨

『JPY』を選択しましょう。

レバレッジ

レバレッジはコントロールする事が可能なので、選択肢を増やす意味でも、『投資額 (USD)』の項目で『5-20,000』を選び(後述)、『レバレッジ』の項目では『1:888』を選びましょう。


レバレッジ888倍を選んだとしても、低レバレッジで運用取引する事は可能ですが、逆に低レバレッジを選んでしまうと変更の申請をしないと高レバレッジでの運用は出来なくなりますので、『1:888』を選んでおいて、選択肢を広げておく事が得策です。


ちなみに後から口座を追加したり、レバレッジを変更する事が可能です。ただ、後からやり直すのは面倒と言えば面倒なので、最初から『1:888』を選んでおいた方が良いでしょう。

口座ボーナス

『はい、ボーナスの受け取りを希望します。』を選択しましょう。


・・・というか、『はい、ボーナスの受け取りを希望します。』を選択しない意味が分かりません(;・∀・)

投資額 (USD)

ここで選んだ内容によって、レバレッジが異なってきます。


『5-20,000』を選ぶと最大888倍のレバレッジが利用可能となり、『20,001-100,000』を選ぶと最大200倍、『100,001-無制限』を選ぶと最大100倍が利用できるようになります。


レバレッジはコントロールする事が可能なので、選択肢を増やす意味でもここでは『5-20,000』を選びましょう。

所得総額(米ドル)はいくら位だと推定できますか?

おおよそで大丈夫です。

純資産(米ドル)はいくら位だと推定できますか?

おおよそで大丈夫です。

学歴

学歴を選択して下さい。

取引の目的および性質

深く考えずに目的に合致したものを選びましょう。

雇用形態

ご自身のお仕事の雇用形態を選びましょう。ここで選択した内容によって、追加のプルダウンが出ますが、そちらも実情にマッチしたものを選びましょう。

口座パスワード

口座パスワード欄には、小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める必要があります。


推測されにくいものを設定し、メモに残しておくなどして管理しましょう。

パスワードの確認

口座パスワードで設定したものを入力しましょう。

私はニュースレターや特別オファーを受け取ることに同意します。

必要であればチェックしましょう。

私は、利用規約、注文執行方針、リスク開示、一般的なリスク開示、利益相反に関する方針、口座開設ボーナスの利用規約、 ロイヤリティプログラムの利用規約、 入金に対する取引ボーナスの利用規約、 個人情報保護方針の全文を注意深く読み、完全に理解した上で、それを完全に受諾、同意することを宣言します。

チェックしましょう。


『リアル口座開設』ボタンを押せば、申し込み完了となります。

XMの口座開設はコチラ

確認用メールの受信


全ての内容が正確かつ適切に入力されていれば、口座開設フォームに入力したメールアドレス宛てに『XMTrading へようこそ』という題名の下記の画像のような確認用のメールが届きます。


※後述しますが、『XMTrading へようこそ』という題名のメールは同じ題名のメールがもう1通届きます。


※メールが届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性も有りますので、あまりにも長時間メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをチェックしましょう。


XM確認用メールSS


『Eメールアドレスをご確認下さい。』のボタンをクリックするとリアル口座開設が完了となり、もう1通『XMTrading へようこそ』という下の画像の内容のメールが届きます。なお、この時点でリアル口座の開設が完了しています。


XMへようこそメールSS


このメールには、『MT4のID』や『MT4のサーバー』・『MT4のダウンロードリンク』等の重要情報が記載されているので、大切に保管しましょう。


XMでは口座有効化する前でも、20万円以下の入金であればすぐにでもトレードを始めることができますが、有効化しないと出金が出来ませんので、まずは有効化まで済ませておきましょう。

XMの口座開設はコチラ

会員ページへのログインと口座の有効化


メールの『会員ページへログインしよう』のボタンをクリックするとXMのサイトへ移動します


XMサイトログイン画面


メールに記載してある『MT4ID』と『口座開設申し込み時に登録したパスワード』で会員ページへログインしましょう。


そう致しますと以下の画像のような画面に切り替わります。


XM口座有効化ボタン画面


『今すぐ口座を有効化する』のボタンをクリックします。


そう致しますと下の画像の画面に切り替わります。


個人確認書類アップロード画面SS



画面の指示に従ってこのページの冒頭で解説した書類をアップロードします。必要書類を提出して、平日であれば数時間~1営業日、土日を挟むと3営業日ほどで口座が有効化されます。


口座が有効化された時点で、口座開設ボーナスが反映されるので、入金なしでも取引可能です。


これで、口座の有効化は完了となります。

XMの口座開設はコチラ

MT4のダウンロードとログイン


口座の有効化が完了したら、トレードを開始する為にMT4(メタトレーダー4)をダウンロードしましょう。


リアル口座の開設完了時にXMから送信されてきた『XMへようこそ』と言うメールを開きます。


XMへようこそメールSS2


メール下部の『全プラットフォームを閲覧するには -> こちらをクリック』のリンクをクリックします。


すると以下の画像の画面へ移動します。


MT4・MT5ダウンロード画面


ご自身の使用しているデバイスに合ったものを選び、ダウンロードしてインストールしてください。ちなみに左がMT4、右がMT5という事になります。


なお、『MT4WebTrader』、『MT5WebTrader』はブラウザ上で動作する取引ツールでダウンロードの必要はありません。


ダウンロード・インストールが完了したら、MT4・MT5を起動し、メールに記載してある『MT4ID』もしくは『MT5ID』と『口座開設申し込み時に登録したパスワード』、『サーバー』でログインします。


複数のデバイスを使い分けている方は、それぞれのデバイスでダウンロード、インストールしてください。


ここまでくれば、トレード開始までもう一息。もう少し頑張りましょう。

XMの口座開設はコチラ

取引口座への入金


トレードをする為の最後のステップが取引口座への入金になります。


XMの会員ページへログインします。


XM資金入金画面01


上の画像のような画面が表示されますので、右のメニューバー『資金を入金する』のボタンをクリックしてください。


以下の画像の画面へ移動します。


XM入金画面02


XMには色々な入金方法があります。


1. Visa・Masterのクレジットカード・デビットカード入金

2. JCBのクレジットカード・デビットカード入金

3. my bit walletからの入金

4. bitcoinでの入金

5. 銀行振込での入金


以上、5つの入金方法があるわけですが、どれがいいの?と悩む部分もあるかと思います。


海外への送金、海外からの送金にはマネーロンダリングを防ぐ意味で、面倒なルールがあり、原則的に振り込んだ際と同じ方法でしか受け取れません。


理由については割愛しますが、出金時に面倒な事にならないように『銀行振込』もしくは『my bit wallet』からの入金がおススメの入金方法となります。


『my bit wallet』を持っていない人は、『銀行振込』を選んでおけば問題ありませんが、利用している銀行口座が以下の銀行の場合は注意してください。


・みずほ銀行(ネット支店のみ利用不可)

・ジャパンネット銀行

・じぶん銀行

・セブン銀行

・ゆうちょ銀行

・新生銀行


これらの銀行は、そもそも海外からの送金を受け取る事が出来ないので、出金できずにトラブルという事になってしまう事もあるようですので、注意してください。


※新生銀行は海外送金に対応はしているが、すべての海外FX業者からの送金の受け取りを拒否しているそうです。


ご自身の利用している銀行口座が『SWIFTコード』というものを持っていて、海外からの送金に対応しているかを事前に確認しておきましょう。


出金については1ページ書けてしまうくらいボリュームのある内容ですので、ここではこのくらいにしておきますが、『SWIFTコードを持っていて海外からの送金に対応してる新生銀行以外の銀行口座』を利用すると覚えておきましょう。


入金手続きを行えば、土日祝祭日でなければ1時間程度で口座に反映され、トレードを行う事が出来るようになります。

XMの口座開設はコチラ

長くトレードを続けて欲しい


以上、XMの口座開設手順を解説させて頂きました。


XMをはじめ、海外FXブローカーはハイレバレッジを利用する事が出来る為、少ない自己資金でトレードをする事が出来ます。また、ゼロカットシステム(追証がないセーフティネット)による安全性も兼ね備えており、海外FXを利用する事で非常に優れたトレード環境を手に入れる事が出来ます。


しかし、その事とトレードで実際に勝つという事は別問題であり、トレードで勝つ為には研究を重ねて行かなければなりません。


ハイレバレッジは、丁半博打的なモノをする為に使うものではなく、資金効率を高める事によって長くトレードを続けていく為にあるものだという事を忘れてはいけません。


このページを読んで下さった皆様方が、長くトレードを継続し、『勝ち組』になって行って頂ける事を切に願います。

XMの口座開設はコチラ

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事