FXで何やっても勝てなくて、やったコト

指定した時間枠で表示可能なJMAボリンジャーバンドを表示するMT5インジケータ-「JMACandle_Chl_HTF」

更新日時:2020年12月05日 22:25

JMACandle_Chl_HTFスクリーンショット


ボリンジャーバンドは、トレンドの発生やエントリーのタイミングを分析できるため、テクニカル分析において広く利用されています。


「JMACandle_Chl_HTF」は、平均足とボリンジャーバンドを組み合わせたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. マルチタイムフレーム分析を行っている方


以上のような方のためにこの記事では、「JMACandle_Chl_HTF」について解説します。


  1. JMACandle_Chl_HTFの概要
  2. JMACandle_Chl_HTFを表示する方法
  3. JMACandle_Chl_HTFのパラメーター解説
  4. まとめ

JMACandle_Chl_HTFの概要


JMACandle_ChlはJMAという平滑化方法を使用したボリンジャーバンドのようなインジケーターで、「JMACandle_Chl_HTF」はJMACandle_Chlに指定した時間枠でインジケーターを表示する機能を追加したものです。


このインジケーターを使用する前にterminal_data_directory\MQL5\IndicatorsフォルダにJMACandle_Chl.mq5、terminal_data_folder\MQL5\IncludeフォルダにSmoothAlgorithms.mqhをコピーしておく必要がありますので、インジケーターのダウンロードページで一緒に入手しておきましょう。


「JMACandle_Chl_HTF」では、中間にJMACandleが表示され、JMACandleの高値の標準偏差がバンドの上限、JMACandleの安値の標準偏差がバンドの下限に設定されます。


JMACandle_Chl_HTFを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

JMACandle_Chl_HTFのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


JMACandle_Chl_HTF


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


JMACandle_Chl_HTFのパラメーター解説


JMACandle_Chl_HTFパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Период графика индикатора

時間枠


初期値:PERIOD_H4


インジケーターを算出する時間枠を設定します。

метод усреднения

平滑化方法


初期値:MODE_JJMA


移動平均の算出方法を設定します。

глубина усреднения

JMAの期間


初期値:12


JMAの算出期間を設定します。

параметр усреднения

位相


初期値:15


JMAの位相を設定します。

период Боллинджера

ボリンジャーバンドの期間


初期値:10


ボリンジャーバンドの算出期間を設定します。

девиация

偏差


初期値:1.0


ボリンジャーバンドの偏差を設定します。


「Период графика индикатора」は、インジケーターを算出する時間枠を設定するための項目です。


チャートの時間枠に関わらず、ここで設定した時間枠で算出した結果が表示されます。


「девиация」はボリンジャーバンドの偏差を設定するための項目で、大きな値に設定するとボリンジャーバンドの幅が広くなります。


まとめ


「JMACandle_Chl_HTF」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. JMAを使用したボリンジャーバンドを表示する。

  2. 中間にはJMACandleが表示される。


「JMACandle_Chl_HTF」は、トレンドの有無を分析したい方に適したインジケーターです。


珍しいタイプのインジケーターなので、、十分にテストした上で使用した方が良いでしょう。

関連記事