海外FX口座は初心者こそ使うべき?!海外FXの税金・確定申告を知っておこう

投稿日時:2016年03月18日 05:50

海外のFX口座を使っている場合でも、利益が出た場合には日本で税金を納めなければなりません。海外の会社だからと言って日本で税金を払わなくて良いという事にはならず、払わないと大変な事になってしまう事もあります。


また、日本の証券会社を使用している場合と海外のFX口座を使用している場合では税制が違ってきます。


今回は日本のFX口座を使用している場合と海外のFX口座を使用している場合の違いを書いて行きたいと思います。


確定申告をしなければいけない人


FXをしている人で確定申告の必要がある条件は以下の条件となります。


1.給与取得者の場合、年間の通算で20万円以上の利益がある場合

2.それ以外の場合、年間の通算で38万円以上の利益がある場合


となります。

FXの所得について


1月1日~12月31日の損益から必要経費を引いた金額となります。


売買損益+スワップ損益が収益の金額となりますが、含み損益(未決済のポジション)は含まれませんので注意が必要です。複数のFX口座を使用している場合は合算で算出します。


プロバイダー料金やPC購入費、セミナーの料金、書籍購入費などが経費となります。場合によって認められないもの(例えば書籍購入と言っても漫画の購入代とかは認められません)もあります。


国内口座と海外口座の税制は異なる


現在国内のFX口座で得た利益に関しては、税率は一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)となっています。稼いだ金額に関係なく、概ね2割の税金が掛かると考えておけば良いと思います。


また、利益が出ていないいわゆる『負け組』の人でも、確定申告をしておくと3年間の繰越控除と損益通算というものが利用できます。


3年間の繰越控除とは、3年先の確定申告までの間に利益が発生した場合、確定申告していた分の損失と利益を相殺することができるものです。例えば、今年はマイナスで来年はプラスだったという場合、今年のマイナス分は税金が掛かりません。


損益通算とは、FXでマイナスが出ていた場合、似たような投資や金融商品(CFDやバイナリーオプション、商品先物、日経225先物、TOPIX先物など)で得た利益と合算して損益を計算する形になります。(株式などは所得区分が異なりますのでFXと損益通算をすることはできません)


仮に損失が出ていて確定申告の必要のない年度でも、この先投資で稼いでいこうと考えているなら確定申告はしておきましょう


次に海外のFX口座で得た利益についてですが、国内のFX口座の場合と税制が大きく異なります。


海外のFX口座で得た利益には、総合課税というものが適用されます。


総合課税は『累進税率』というモノが適用される為、稼げば稼ぐだけ税率が高くなってきます。


税率は以下のようになります。


195万円以下→税率15%(所得税5%+住民税10%)

195〜330万円以下→20%(所得税10%+住民税10%)

330〜695万円以下→30%(所得税20%+住民税10%)

695〜900万円以下→33%(所得税23%+住民税10%)

900〜1800万円以下→43%(所得税33%+住民税10%)

1800万円以上→50%(所得税40%+住民税10%)


*平成25年から平成49年までの各年分の確定申告においては、所得税と復興特別所得税(原則として、その年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付することになりました。


また、海外のFX口座の場合、国内のFX口座の損益との繰り越し控除・損益通算をすることができません。


※海外FXで得た利益も「同じ総合課税(雑所得)扱いの所得同士であれば損益通算することができます。


公的年金・私的年金

原稿料・印税・講演料

非営業用賃金の利子

アフィリエイト収入・インターネットオークションの売り上げ


上記のような類の収入は雑所得扱いになるので損益通算が可能となります。


海外FX口座は初心者こそ使うべきではないだろうか


国内のFX口座と海外口座とでは最大で約30%も税率に開きがあります。多くの収益をあげている人になればなるほど不利になってきます。


具体的な金額を書くと途端に嘘くさくなるのでここでは書きませんが、私が海外FX口座を使っていないのは、主に税率が原因です。この問題さえなければ、ハイレバレッジやゼロカットシステムなどに魅力を感じるので使いたいという気持ちもあるのですが、やはりこれほどに税率が違うと実益の部分として難しい部分が出てきてしまいます。


ただ、まだあまり勝てていなくて投資資金があまり潤沢ではないという方にとっては海外FX口座は有効な部分も大きいと思います。特に初心者の内は、追証になるような大きな損失を被る事もありがちだと思いますし、その際に追証の必要が無い海外口座は非常に有効です。また、レバレッジが高くかけられるので元手が少なくて済むというメリットもあります。


利益が330万円を超えるまでは海外口座の方が税制的にも有利なので、利益が330万円を超えるまでは海外FX口座を利用し、330万円を超えてきたら国内のFX口座へ移行すると良いかも知れません。


年間330万円と言うと1か月あたり大体275,000円程の収益をあげるという計算になります。これだけではウハウハ万々歳と言うような月収ではありませんが、贅沢をしなければ生活して行けるレベルではあります。5枚でトレードしていた場合、月550pips程は勝つという事になりますので、毎月安定してこれくらいの収益を残せるようになったという事は、投資スキルもかなりのレベルになってきているはずです。また、300万円あれば国内口座で10枚でのトレードも出来る資金量ですので、毎月550pips平均で勝つのであれば月収55万円程は稼げる腕前という事になります。


このレベルになってから国内FX口座を利用しても遅くありません。逆に言うとこのレベルになってしまうと税金的な意味で海外FX口座を利用する事は出来なくなります。


個人的には、FX初心者こそ海外口座を利用するメリットが大きいと思います。以下に主だった海外FX口座を列挙しておきます。


XM


レバレッジ:888倍

ロスカットレベル:20%以下

ゼロカットシステム採用

最大2万ユーロ(約250万円)まで信託保全


XMの口座開設手順を説明したページをご用意したので、開設手順にご不安がおありの場合は、是非、ご参考下さい。


XMの口座開設手順を画像入りでどこよりも詳しく解説!


↓↓↓XMの口座開設はこちらから↓↓↓


AXIORY


レバレッジ:500倍

ロスカットレベル:50%以下

ゼロカットシステム採用

資金全額を信託保全


AXIORY


Traders Trust


レバレッジ:500倍

ロスカットレベル:50%以下

ゼロカットシステム採用

最大2万ユーロ(約250万円)まで信託保全


↓↓↓Traders Trustの口座開設はこちらから↓↓↓



IFC Markets


レバレッジ:400倍

ロスカットレベル:10%以下

ゼロカットシステム採用

IFC Marketsは『分別管理』となっていますので、この点、注意が必要です。



この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事