FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ADXをもとに大まかなトレンドの方向を矢印で表示するMT5インジケーター「karacatica」

更新日時:2021年10月25日 22:14

karacaticaスクリーンショット


大まかなトレンドの方向を表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「karacatica」は、トレンドの方向を矢印で表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 大まかなトレンド動向を分析したい方

  2. トレンドの転換を分析したい方

  3. トレンドフォロー型の手法を使用している方


以上のような方のためにこの記事では、「karacatica」について解説します。


  1. karacaticaの概要
  2. karacaticaを表示する方法
  3. karacaticaのパラメーター解説
  4. まとめ

karacaticaの概要


「karacatica」を起動すると、トレンドが発生したポイントに矢印が表示されます。


上昇トレンドでは上向きの黄緑色の矢印、下降トレンドでは下向きの赤紫色の矢印が表示されます。


「karacatica」は、ADXと終値同士を比較してトレンドを判定しています。


矢印が表示される条件は以下の通りです。


直近の終値>1つ前の終値かつ+DI>-DIの場合、上向きの矢印を表示。


直近の終値<1つ前の終値かつ+DI<-DIの場合、下向きの矢印を表示。


「karacatica」ではATRも使用されていますが、トレンドの方向の判定に用いられるわけではありません。


ATRは、矢印の表示位置をボラティリティに合わせて調整する目的で使用されます。


そのため、ATRがトレンドの方向の判定に影響を与えることはありません。


持ち合い相場では、頻繁に矢印の方向が切り替わるので注意しましょう。


karacaticaを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

karacaticaのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


karacatica


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


karacaticaのパラメーター解説


karacaticaパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「karacatica」のパラメーターは、インジケーターの算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

ATR period

ATRの期間


初期値:70


ATRの算出期間を設定します。


「ATR period」は、ATRの算出期間を設定するための項目です。


パラメーターの項目は、「ATR period」になっていますが、ここで設定した値がADXにも適用されます。


大きな値に設定するほど、長期的なトレンドの方向が表示されます。


反対に小さな値に設定した場合は、短期的なトレンドが矢印で表示されます。


まとめ


「karacatica」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 終値とADXをベースにしたインジケーター

  2. 上昇トレンドでは上向きの矢印が表示される

  3. 下降トレンドでは下向きの矢印が表示される


「karacatica」は、大まかなトレンドの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


「karacatica」の矢印は、エントリーのタイミングを表示しているわけではないので注意しましょう。


具体的なエントリーのタイミングを分析するためには、ほかのインジケーターを使用する必要があります。


あくまでもおおよそのトレンドの方向や、トレンドの転換を判断するためのインジケーターとして扱った方が良いでしょう。

関連記事