FXで何やっても勝てなくて、やったコト

CCIが買われすぎ売られすぎレベルになったらアラートしてくれるMT4インジケーター『CCI_Sound_Email』

更新日時:2020年04月23日 23:00

CCI_Sound_Emailスクリーンショット


CCIのシグナルを通知してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「CCI_Sound_Email」は、以下のような方におすすめのインジケーターです。


  1. CCIをよく使用する方

  2. チャートに張り付いているのが困難な方

  3. CCIのシグナルを見逃したくない方


この記事では上記のような方のために、「CCI_Sound_Email」について解説します。


  1. CCI_Sound_Emailの概要
  2. CCI_Sound_Emailを表示する方法
  3. CCI_Sound_Emailのパラメーター解説
  4. まとめ

CCI_Sound_Emailの概要


「CCI_Sound_Email」は、相場の買われすぎ・売られ過ぎを示唆するCCIが一定のレベル以上/以下になったときに、チャート上にアラートを表示し、メールでお知らせしてくれるMT4用のインジケーターです。


ちなみに、CCI (コモディティ・チャネル・インデックス)は、為替変動の一手のサイクルに注目し、買われすぎ・売られ過ぎを判断することができるインジケーターで、RSIと似た特徴を持ちますが、天井と底が無いという点が大きな違いです。


このインジケーターでは、CCIの期間やアラートのON/OFF、アラートするレベルなどのパラメータ-が設定画面から変更可能です。


CCI_Sound_Emailを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

CCI_Sound_Emailのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


CCI_Sound_Email


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


CCI_Sound_Emailのパラメーター解説


CCI_Sound_Emailパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

CCIPeriod

CCIの期間


初期値:14


CCIの算出期間を設定します。

SendEmail

メールアラートのON/OFF


初期値:false


trueに設定するとメールアラートがONになります。

SoundAlert

サウンドアラートのONOFF


初期値:false


trueに設定するとサウンドアラートがONになります。

SoundFile

サウンドアラートに使用するファイル


初期値:alert2.wav


サウンドアラートに使用する音声ファイル名を指定します。

CCIHigh

買われすぎレベル


初期値:100


買われすぎと判断するレベルを設定します。

CCILow

売られすぎレベル


初期値:-100


売られすぎと判断するレベルを設定します。


「CCIHigh」と「CCILow」は、買われすぎレベルと売られすぎレベルをそれぞれ設定するための項目で、ここで設定した値をCCIが超えた時にアラートで通知します。


まとめ


「CCI_Sound_Email」を、使用する際のポイントをまとめると以下のようになります。


  1. CCIが買われすぎ/売られすぎレベルに到達したことをアラートで通知する。


「CCI_Sound_Email」は、CCIのシグナルを見逃したくない方におすすめのインジケーターです。


通常のCCIにアラート機能を加えたCCIを表示するインジケーターなので、CCIを使ってトレードしている人にとっては非常に便利なインジケーターではないでしょうか。


気になった方は是非試してみてください。

関連記事