FXで何やっても勝てなくて、やったコト

色つきのCCIを表示するMT4インジケーター「Zee_Zee_i」

更新日時:2020年10月19日 22:48

Zee_Zee_iスクリーンショット


CCIは、サイクルにもとづいて現在のレートがどのような水準にあるのかを分析するためのインジケーターで、MT4にも標準でインストールされています。


「Zee_Zee_i」は、CCIの視認性を向上させたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. CCIをよく使用する方

  2. CCIのシグナルを一目で確認できる状態にしておきたい方

  3. CCIを初めて使用する方


以上のような方のためにこの記事では、「Zee_Zee_i」について解説します。


  1. Zee_Zee_iの概要
  2. Zee_Zee_iを表示する方法
  3. Zee_Zee_iのパラメーター解説
  4. まとめ

Zee_Zee_iの概要


「Zee_Zee_i」は色つきのCCIを表示するインジケーターで、インジケーターの算出方法は一般的なCCIに準じたものになっています。


インジケーターを起動するとサブウィンドウ上にラインが表示され、描写されるラインはMT4に標準でインストールされているCCIとほぼ同じものです。


インジケーターの値が買われ過ぎ水準に達し、相場が下降する可能性がある場合にはラインが黄色で表示され、インジケーターの値が売られ過ぎ水準に達し、相場が上昇する可能性がある場合にはラインが赤色で表示されます。


それ以外の場合はオレンジ色のラインで表示されます。


CCIの発するシグナルを色つきで表示することから、初めてCCIを使用するという方にちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。


Zee_Zee_iを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Zee_Zee_iのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Zee_Zee_i


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Zee_Zee_iのパラメーター解説


Zee_Zee_iパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Zee_Zee_i」のパラメーターは、CCIの算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

CCIPeriod

CCIの算出期間


初期値:14


CCIで分析するサイクルの期間を設定します。


「CCIPeriod」はCCIの算出期間を設定するための項目で、設定値に応じてインジケーターの値動きに対する反応が変化します。


算出期間を長く設定すると長期的なサイクルがCCIに反映され、小さな値に設定すると短期的なサイクルが反映されます。


MT4標準のCCIでは、CCIの算出期間と適用価格を設定できる項目が設けられていますが、「Zee_Zee_i」では適用価格の設定はできません。


しかし、「Zee_Zee_i」の適用価格はオリジナルのCCIの算出方法に準じたものになっており、高値・安値・終値の合計を3で割ったTPという価格が使用されています。


そのため、特殊な適用価格を使用したいという場合以外は、特に不便を感じることも少ないのではないかと思います。


まとめ


「Zee_Zee_i」の特徴をまとめると以下の通りです。


  1. 状態によって色が変化するCCIを表示する。

  2. 黄色のラインが表示されている場合はCCIが買われ過ぎの状態。

  3. 赤色のラインが表示されている場合はCCIが売られ過ぎの状態。

  4. CCIがシグナルを発していない場合はオレンジのラインが表示される。


「Zee_Zee_i」は、初心者の方に最適なインジケーターです。


CCIに慣れている方も視覚的にシグナルを確認しやすいため、「Zee_Zee_i」の導入を検討してみると良いかもしれません。


動作自体は一般的なCCIと変わらないため、導入のハードルも低いのではないかと思います。

関連記事