FXで何やっても勝てなくて、やったコト

T3移動平均で平滑化したCCIを表示するMT4インジケーター「SmCCI_test」

更新日時:2020年08月20日 21:32

SmCCI_testスクリーンショット


CCIはサイクルをもとに、現在の価格が買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを分析するためのインジケーターです。


CCIのノイズをもっと少なくできないだろうかと考えたことはないでしょうか。


「SmCCI_test」は、平滑化したCCIを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 相場の反転を分析したい方

  2. ノイズの少ないCCIを探している方


この記事では上記のような方のために、「SmCCI_test」について解説します。


  1. SmCCI_testの概要
  2. SmCCI_testを表示する方法
  3. SmCCI_testのパラメーター解説
  4. まとめ

SmCCI_testの概要


「SmCCI_test」を起動するとサブウィンドウ上に黄色のラインでCCIが表示されます。


青色のラインは買われ過ぎ・売られ過ぎを示しており、インジケーターの値が100を超えた場合は、現在の価格が買われ過ぎの状態にあることを示しています。


反対に−100を下回っている場合は売られ過ぎの状態です。


買われ過ぎ・売られ過ぎ水準は常に表示されているわけではなく、インジケーターの値が0より上で推移している場合は買われ過ぎ水準のみを表示し、0より下で推移している場合は、売られ過ぎ水準のみを表示します。


「SmCCI_test」は通常のCCIと異なり、T3移動平均で平滑化されているため、ノイズが少なくなっています。


T3移動平均は指数平滑移動平均の一種で、一般的な指数平滑移動平均と比較して、ラグが少ないという特徴があります。


SmCCI_testを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SmCCI_testのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SmCCI_test


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SmCCI_testのパラメーター解説


SmCCI_testパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

x_prd

インジケーターの算出に使用されない無効なパラメーターです。

t3_period

T3移動平均の期間


初期値:8


T3移動平均線の算出期間を設定します。

b

平滑化因数


初期値:0.7


T3移動平均線の感度が変化します。

per

CCIの期間


初期値:14


CCIの算出期間を設定します。

ppor

買われ過ぎ水準


初期値:100


買われ過ぎと判定する水準を設定します。

mpor

売られ過ぎ水準


初期値:-100


売られ過ぎと判定する水準を設定します。


「t3_period」はT3移動平均の算出期間を設定するための項目で、大きな値に設定するとCCIのノイズが少なくなりますが、短期的なCCIの変化に対する反応が鈍くなります。


「per」は、CCIの算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じてCCIに反映される値動きのサイクルが変化します。


まとめ


「SmCCI_test」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. T3移動平均で平滑化したCCIを表示する。

  2. 買われ過ぎ水準と売られ過ぎ水準は青色のラインで表示される。


「SmCCI_test」は、CCIのノイズに悩まされている方に向いているインジケーターです。


CCIをよく使用する方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事