FXで何やっても勝てなくて、やったコト

スプレッドを加味した買値と売値をテキストで表示するMT4インジケーター『ASK+BID+SPREAD-INDI』

更新日時:2020年03月06日 01:41

ASK+BID+SPREAD-INDIスクリーンショット


通貨ペアの現在のレートを、チャート上に表示できないだろうかと考えたことはないでしょうか。


「ASK+BID+SPREAD-INDI」は、現在のレートとスプレッドをチャート上に表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. 現在のレートを一目で確認できるようにしておきたい方

  2. スプレッドを確認したい方


この記事では上記のような方のために、「ASK+BID+SPREAD-INDI」について解説していきます。


  1. ASK+BID+SPREAD-INDIの概要
  2. ASK+BID+SPREAD-INDIを表示する方法
  3. ASK+BID+SPREAD-INDIのパラメーター解説
  4. まとめ

ASK+BID+SPREAD-INDIの概要


「ASK+BID+SPREAD-INDI」は、チャート上にスプレッドとスプレッドを加味した買値(Ask)と売値(Bid)をテキストで表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像のようにチャート右上にオレンジ色でスプレッド、緑色で買値、赤色で売値を表示します。


それぞれのテキストの色や大きさ、場所はパラメーター設定画面から変更可能で、スプレッドだけを表示させたり、買値・売値だけを表示させたりすることも可能です。


別途、各FX業者の注文画面を表示させている人には不要なインジケーターかもしれませんが、MT4のみを表示させている人にとっては便利なインジケーターかと思います。


ASK+BID+SPREAD-INDIを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ASK+BID+SPREAD-INDIのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ASK+BID+SPREAD-INDI


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ASK+BID+SPREAD-INDIのパラメーター解説


ASK+BID+SPREAD-INDIパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

SPREAD_OPTIONS

スプレッドの設定

Spread_Color

スプレッドの色


初期値:DarkOrange


スプレッドを表示する色を設定します。

Spread_Font_Size

スプレッドのテキストの大きさ


初期値:13


スプレッドのテキストの大きさ設定します。

Spread_Font_Type

スプレッドのフォント


初期値:Verdana


スプレッドを表示するフォントの種類を設定します。

Spread_Corner

スプレッド表示位置


初期値:1


スプレッドをどの角に表示するかを設定します。

Spread_X_distance

スプレッドの水平方向の表示位置


初期値:120


スプレッドが表示位置が左右に移動します。

Spread_Y_distance

スプレッドの垂直方向の表示位置


初期値:15


スプレッド表示位置が上下に移動します。

Spread_HIDE

スプレッドを非表示


初期値:false


trueに設定するとスプレッドが非表示になります。

Spread_Normalize

スプレッドの正規化


初期値:false


trueに設定すると正規化したスプレッドを表示します。

ASK_BID_OPTIONS

ビッドとアスクの設定

Ask_Color

アスクの色


初期値:LimeGreen


アスクの色を設定します。

Bid_Color

ビッドの色


初期値:Red


ビッドの色を設定します。

Ask_Bid_Font_Size

アスクとビッドのテキストの大きさ


初期値:13


アスクとビッドを表示するテキストの大きさを設定します。

Ask_Bid_Font_Type

アスクとビッドのフォント


初期値:Verdana


アスクとビッドを表示するフォントの種類を設定します。

Ask_Bid_Corner

アスクとビッドの表示位置


初期値:1


アスクとビッドをどの角に表示するのかを設定します。

Ask_X_Distance

アスクの水平方向の表示位置


初期値:20


アスクの表示位置が左右に移動します。

Bid_X_Distance

ビッドの水平方向の表示位置


初期値:20


ビッドの表示位置が左右に移動します。

Ask_Y_Distance

アスクの垂直方向の表示位置


初期値:15


アスクの表示位置が上下に移動します。

Bid_Y_Distance

ビッドの垂直方向の表示位置


初期値:40


ビッドの表示位置が上下に移動します。

Ask_HIDE

アスクを非表示


初期値:false


trueに設定するとタスクが非表示になります。

Bid_HIDE

ビッドを非表示


初期値:false


trueの設定するとビッドが非表示になります。

Ask_Bid_HIDE

アスクとビッドを非表示


初期値:false


trueに設定するとアスクとビッドが非表示になります。


「Spread_Corner」と「Ask_Bid_Corner」は、チャート上のどの角にインジケーターを表示するのかを設定する項目で、0で左上、1で右上、2で左下、3で右下にインジケータが表示されます。


「○○_X_Distance」や「○○_Y_Distance」は、インジケーターの表示位置を微調整する際に使用します。


まとめ


「ASK+BID+SPREAD-INDI」について解説してきましたが、最後に要点をまとめておきましょう。


  1. スプレッドをオレンジ色で表示する。

  2. アスクは緑色、ビッドは赤色で表示する。

  3. インジケーターの表示位置は変更できるほか、項目ごとに表示/非表示の設定も可能。


「ASK+BID+SPREAD-INDI」は、現在のレートやスプレッドをいつでも確認できるようにしておきたい方に、向いているインジケーターです。


先述の通り、別途各FX業者の注文画面を表示させている人には不要ですが、MT4のみでトレードをしている人は、チャート上にこのインジケーターを表示させておくと便利かもしれませんね。


気になった方は試してみてはいかがでしょうか。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事