FXで何やっても勝てなくて、やったコト

マイクロpips単位のスプレッドをチャート上に表示するMT4インジケーター「SpreadIndicator」

更新日時:2020年10月10日 23:55

SpreadIndicatorスクリーンショット


重要な経済指標の発表前後にはスプレッドが大きく開くことがあります。


スプレッドの変化に気づかずに、不利なスプレッドでエントリーしてしまった経験はないでしょうか。


「SpreadIndicator」は、MeinMetatrader.deによって開発されたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 経済指標の発表に合わせて取引することが多い方

  2. スプレッドをMT4のチャート上で確認できるようにしたい方

  3. スプレッドの状況を確認したい方


上記のような方のためにこの記事では、「SpreadIndicator」について詳しく解説します。


  1. SpreadIndicatorの概要
  2. SpreadIndicatorを表示する方法
  3. SpreadIndicatorのパラメーター解説
  4. まとめ

SpreadIndicatorの概要


「SpreadIndicator」は、通貨ペアのスプレッドをチャート上に表示するインジケーターです。


インジケーターを起動すると、チャートの左上に赤色のテキストでスプレッドが表示されます。


レートを配信しているブローカーにもよりますが、スプレッドはマイクロpips単位で表示されます。


また、表示されるスプレッドはチャートに表示中の通貨ペアのものです。


表示できるスプレッドは、チャートに表示中の通貨ペアに固定されているため、ERU/USDのチャートにUSD/JPYのスプレッドを表示するといった使い方はできません。


チャート上でスプレッドを確認できるので、スプレッドが極端に広くなっている状態でのエントリーを避けられるでしょう。


SpreadIndicatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SpreadIndicatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SpreadIndicator


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SpreadIndicatorのパラメーター解説


SpreadIndicatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「SpreadIndicator」のパラメーターは、テキストの表示色を設定する項目のみで構成されています。


入力項目 入力内容

LabelColor

ラベルの表示色


初期値:Red


スプレッドを表示するテキストの表示色を設定します。


「LabelColor」は、スプレッドを表示するテキストの色を設定するための項目です。


必要な場合はパラメーターに色名を入力して変更しましょう。


パラメーターの構成は非常にシンプルですが、「SpreadIndicator」はスプレッドを表示するだけのインジケーターなので、大きな支障はないでしょう。


まとめ


「SpreadIndicator」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 通貨ペアのスプレッドをチャート左上に表示する。

  2. スプレッドはマイクロpips単位で表示される。

  3. インジケーターの表示色はパラメーターで変更可能。


「SpreadIndicator」は、経済指標の発表前後に取引することが多い方に適したインジケーターです。


スプレッドの状況をチャート上で把握できるため、スプレッドが広がり過ぎている場面での取引を避けられるでしょう。

関連記事