FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの始まりと終わりにマーカーを表示するMT4インジケーター「RWM」

更新日時:2022年04月24日 22:19

RWMスクリーンショット


トレンドの始まりと終わりを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「RWM」は、ウィリアムズ%Rをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの始まりと終わりを分析したい方

  2. 値動きに対するラグが少ないインジケーターを探している方


以上のような方のためにこの記事では、「RWM」について解説します。


  1. RWMの概要
  2. RWMを表示する方法
  3. RWMのパラメーター解説
  4. まとめ

RWMの概要


「RWM」は、T3移動平均で平滑化したウィリアムズ%Rをベースにしています。


T3移動平均は、指数平滑移動平均の一種で、ほかの移動平均と比較してラグが少ない点が特徴です。


ウィリアムズ%Rは相場の状況によっては、ノイズが多くなることもありますが、T3移動平均で平滑化することでノイズの低減を図っています。


「RWM」は、T3移動平均で平滑化したウィリアムズ%Rの値を比較してマーカーを表示します。


青色の上向きの矢印は、上昇トレンドが始まった可能性を示すシグナルです。


反対に、赤色の下向きの矢印は、下降トレンドが始まった可能性を示しています。


また、「RWM」ではトレンドが終了した際にもマーカーを表示します。


青色のXは上昇トレンドが終わった可能性を示唆するシグナルです。


下降トレンドが終了しそうな場合は、赤色のXを表示します。


「RWM」は、平滑化によってノイズを抑えてはいるものの、持ち合い相場などの動意の薄い相場では頻繁にマーカーが表示されるため注意が必要です。


また、矢印とXが必ずセットで表示されるわけではありません。


Xが表示されたあとに、再びXが表示されることもあります。


上昇トレンド内で赤色のXが表示される場合も。


そのため、前後の状況を見てシグナルの解釈を考える必要があります。


RWMを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RWMのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RWM


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RWMのパラメーター解説


RWMパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「RWM」のパラメーターは、インジケーターの算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

R_mBar

算出期間


初期値:21


「RWM」の算出期間を設定します。


「R_mBar」は、「RWM」の算出期間を設定するための項目です。


T3ウィリアムズ%Rの値を比較する期間を設定します。


大きな値に設定するほど、長期的な値動きにもとづいてシグナルを表示します。



まとめ


「RWM」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. T3移動平均で平滑化したウィリアムズ%Rの値を比較してシグナルを表示する

  2. 青色の矢印は上昇トレンド、赤色の矢印は下降トレンドが始まった可能性を示している

  3. 青色のXは上昇トレンドの終了、赤色のXは下降トレンドが終了した可能性を示すシグナル


「RWM」は、トレンドの始まりと終わりを分析したい方に向いているインジケーターです。


エントリーやイグジットのシグナルとして使用できそうなインジケーターではありますが、精度は不明なので実際の取引で使用する前にバックテストを実施した方がよいでしょう。

関連記事