FXで何やっても勝てなくて、やったコト

100期間毎に色分けして移動平均線を表示するMT5インジケーター「colorline」

更新日時:2020年06月16日 01:10

colorlineスクリーンショット


グリッドを表示せずに、チャート上の期間の区切りを確認できる方法があればと考えたことはないでしょうか?


「colorline」は100期間毎に異なる色で移動平均線を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 移動平均線をよく使用する方

  2. グリッドを表示せずに期間の区切りを確認したい方

  3. 短期的な値動きを分析したい方


この記事では以上のような方のために、「colorline」について解説します。


  1. colorlineの概要
  2. colorlineを表示する方法
  3. colorlineのパラメーター解説
  4. まとめ

colorlineの概要


「colorline」は「Red・Blue・Green」「Yellow・Pink・LightSlateGray」「LightGoldenrod・Orchid・LimeGreen」の3種類のカラーセットを、5ティック毎に切り替えて表示するインジケーターです。


移動平均線の算出期間や適用価格、平滑化方法の変更できないため、表示できるのは終値の10期間指数平滑移動平均線のみです。


「colorline」を使用することで、グリッドを表示せずに100期間の区切りを知ることができます。


3種類のカラーセット全ての色を変更できますが、インジケーターのプロパティウィンドウを開いた時点でチャートに表示されているカラーセットの変更しかできません。


そのため、特定の色を変更したい場合は、チャートに変更したい色が表示されているタイミングでプロパティを開く必要があります。


ラインの色を変更するには、チャート上で右クリックをした後、「colorline」→「カラー」をクリックして任意の色を選択することで変更可能です。


colorlineを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

colorlineのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


colorline


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


colorlineのパラメーター解説


colorlineパラメーター画像


「colorline」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「colorline」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 100期間毎に異なる色で移動平均線を表示する。

  2. 10期間指数平滑移動平均線を表示する。

  3. 3種類のカラーセットを、5ティック毎に切り替えて表示する。


「colorline」は、グリッドを表示せずに期間の区切りを、確認できる状態にしておきたい方に向いているインジケーターです。


移動平均線の算出期間は変更できず、10期間に固定されているため、長期的な値動きの分析には向いていません。


インジケーターのソースコードを、改変できる方であれば算出期間の変更も可能ですが、そうではない場合、短期的な値動きを分析する用途に限定して使用した方が良いでしょう。


チャートにグリッドを表示したくないが、大まかな期間の区切りを把握しておきたいという方に、便利なインジケーターなのではないでしょうか。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事