FXで何やっても勝てなくて、やったコト

3本の移動平均線をワニになぞらたトレンドフォロー系MT5インジケーターを表示する「alligator」

更新日時:2019年08月29日 07:33

alligatorスクリーンショット


移動平均線を複数表示してトレンドを捉える手法には、様々なものがありますが、1つのインジケーターで複数の移動平均線を、表示できればと考えたことはないでしょうか?


この記事で紹介する「alligator」は、3本の移動平均線からなるインジケーターで、B.Williamsによって考案されました。


「alligator」では、3本の平均線をそれぞれワニの「アゴ」「歯」「口」になぞらえており、「アゴ」が青色の移動平均線、「歯」が赤色の移動平均線、「口」が緑色の移動平均線としてチャート上に表示されます。


「alligator」の各移動平均線の算出方法は以下の通りです。


中央価格=(高値+安値)/2


アゴ=中央価格の13期間移動平均線


歯=中央価格の8期間移動平均線


口=中央価格の5期間移動平均線


各移動平均線は、チャート右側にシフトして表示され、シフト幅は「アゴ」が8期間、「歯」が5期間、「口」が3期間分シフトされます。


alligatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

alligatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


alligator

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでalligatorが表示されました。


alligatorのパラメーター解説


alligatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「alligator」のパラメーターは各移動平均線の算出期間・シフトを設定する項目、平滑化方法を設定する項目、適用価格を設定する項目で構成されています。


Jaws period

アゴの算出期間

Jaws shift

アゴのシフト

Teeth period

歯の算出期間

Teeth shift

歯のシフト

Lips period

口の算出期間

Lips shift

口のシフト

Moving average method

平滑化方法

Applied price

適用価格


3本の移動平均線の間隔が狭くなっている場合(口を閉じた状態)は、相場に動意がなくトレンドが存在しないことを示しています。


それぞれの移動平均線の間隔が広がっている場合(口を開いている状態)は、トレンドが発生していることを示しています。


移動平均線を、複数表示するトレンドフォロー型のインジケーターを探しているという方は、「alligator」を試してみるのも良いかもしれません。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事