FXで何やっても勝てなくて、やったコト

計算する時間枠を固定できる移動平均線を表示するMT5インジケータ-「MTF_MA」

更新日時:2021年03月29日 19:42

MTF_MAスクリーンショット


算出する時間枠を、指定できる移動平均線があればと考えたことはないでしょうか。


「MTF_MA」は、マルチタイムフレーム表示に対応した移動平均線で、次のような方に向いています。


  1. マルチタイムフレーム分析を行っている方

  2. 移動平均線をよく使用する方


以上のような方のためにこの記事では、「MTF_MA」について解説します。


  1. MTF_MAの概要
  2. MTF_MAを表示する方法
  3. MTF_MAのパラメーター解説
  4. まとめ

MTF_MAの概要


マルチタイムフレーム分析は、複数の時間枠のチャートを分析することで大局的な視野に立ちトレードの計画を立てたり、最適なエントリーの水準を見極める為に行われます。


MT5用のインジケーターには、既存のインジケーターにマルチタイムフレーム分析機能を追加したものが多数あり、「MTF_MA」は移動平均線に時間枠を指定する機能を追加したインジケーターです。


時間枠と描写モードを指定できる点以外は、一般的な移動平均線の同じです。


移動平均線をメインのインジケーターとして使用しているトレーダーが、マルチタイムフレーム分析を行う時などに活用できるでしょう。


ただし、MT5に元からインストールされている移動平均線と同じ設定で、「MTF_MA」の単純移動平均線を比較してみたところ、若干遅れて動くようなので、価格への反応速度を重視する方には使いづらいかもしれません。


MTF_MAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

MTF_MAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


MTF_MA


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


MTF_MAのパラメーター解説


MTF_MAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

計算期間


初期値:14


移動平均線の算出期間を設定します。

Method

計算方法


初期値:MODE_SMA


移動平均線の種類を設定します。

Applied price

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


移動平均線の算出に用いる価格の種類を設定します。

Timeframe

時間枠


初期値:PERIOD_H4


移動平均線を算出する時間枠を設定します。

Drawing mode

描写モード


初期値:DRAW_MODE_STEPS


移動平均線の表示方法を設定します。


「Method」は、移動平均線の種類を設定するための項目です。


初期設定では単純移動平均に設定されていますが、指数平滑移動平均や平滑化移動平均のほか、加重移動平均に変更することもできます。


「Drawing mode」は、移動平均線の表示方法を設定するための項目です。


stepsに設定すると階段状に移動平均線が表示され、slopeを選択すると曲線で表示されます。


まとめ


「MTF_MA」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 算出する時間枠を指定可能な移動平均線を表示する。

  2. 移動平均線の表示方法を設定できる。


「MTF_MA」は、マルチタイムフレーム分析に使用できる移動平均線を探している方に、向いているインジケーターです。


時間枠を指定できる点を除けば、MT5標準のMoving Avarageと使い方は変わらないため、移動平均線をよく使用する方であれば、使い方に戸惑うこともないでしょう。

関連記事