FXで何やっても勝てなくて、やったコト

計算する時間枠を固定できる移動平均線を表示するMT5インジケータ-「MTF_MA」

更新日時:2019年02月23日 06:43

MTF_MAスクリーンショット


マルチタイムフレーム分析は、複数の時間枠のチャートを分析することで大局的な視野に立ちトレードの計画を立てたり、最適なエントリーの水準を見極める為に行われます。


MT5用のインジケーターには、既存のインジケーターにマルチタイムフレーム分析機能を追加したものが多数あり、今回紹介するインジケーターもそういったもののひとつで、移動平均線の時間を指定して表示できるインジケーター「MTF_MA」です。


MTF_MAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

MTF_MAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


MTF_MA

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでMTF_MAが表示されました。


MTF_MAのパラメーター解説


MTF_MAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


Period

計算期間

Method

計算方法

Applied price

適用価格

Timeframe

計算する時間枠

Drawing mode

描写モード


パラメーターは時間枠の設定と描写モードを設定する項目以外は、一般的な移動平均線のパラメーターと同様で、移動平均線の計算方法は、単純移動平均の他、指数平滑移動平均・線形移動加重移動平均等の中から選択することができ、描写モードはステップとスロープのどちらかを設定することができます。


移動平均線をメインのインジケーターとして使用しているトレーダーが、マルチタイムフレーム分析を行う際に役に立つインジケーターなのではないでしょうか。


MT5に元からインストールされている移動平均線と同じ設定で、単純移動平均線を比較してみましたが、MTF_MAが若干遅れて動くようで、価格への反応速度にこだわりがある方には使いづらいかもしれません。

関連記事