FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格に緩やかに追従する移動平均線を表示するMT5インジケーター「2pbideal1ma」

更新日時:2021年11月08日 22:12

2pbideal1maスクリーンショット


単純移動平均線のダマしのシグナルに悩まされた経験はないでしょうか。


「2pbideal1ma」は、Neutronによって考案された平滑化アルゴリズムを使用した移動平均線を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 単純移動平均線のダマしのシグナルに悩まされた経験がある方

  2. ノイズが少ない移動平均線を探している方


以上のような方のためにこの記事では、「2pbideal1ma」について解説します。


  1. 2pbideal1maの概要
  2. 2pbideal1maを表示する方法
  3. 2pbideal1maのパラメーター解説
  4. まとめ

2pbideal1maの概要


「2pbideal1ma」を起動するとチャート上に青色のラインが表示されます。


インジケーターの算出方法は以下の通りです。


dSeries=1つ前の価格-直近の価格


dSeries2=dSeries×dSeries-1.0


2pbideal1ma=((「Period1」×1つ前の価格-1つ前の平均)+1つ前の平均+「Period2」×dSeries2))/(1.0+「Period2」×dSeries2)


単純移動平均線と比較すると、比較的緩やかに価格に追従する傾向があります。


インジケーターの開発者によると、短期と長期の「2pbideal1ma」のデッドクロスやゴールデンクロスをシグナルとして使用できるとのことです。


トレンドの方向や転換を分析したい場合などに活用できるのではないでしょうか。


2pbideal1maを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

2pbideal1maのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


2pbideal1ma


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


2pbideal1maのパラメーター解説


2pbideal1maパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「2pbideal1ma」のパラメーターは、最適化と平滑化期間を設定するための項目と、ラインの表示位置を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Period1

算出期間


初期値:10


直近の価格と1つ前の価格の差に乗算する値を設定します。

Period2

平滑化期間


初期値:10


平滑化期間を設定します。

MAShift

シフト


初期値:0


移動平均線のオフセットを設定します。


「Period1」は、価格の差に乗算する値を設定するための項目です。


大きな値を入力すると、長期的な値動きがインジケーターに反映されます。


「Period2」は、平滑化期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると、インジケーターのノイズが減少します。


「MAShift」は、移動平均線のシフトを設定するための項目です。


設定した値に応じて、ラインの表示位置が左右に移動します。


まとめ


「2pbideal1ma」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. Neutronによって考案された平滑化アルゴリズムによって算出された移動平均線を表示する

  2. 短期と長期の移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスをシグナルとして使用する


「2pbideal1ma」は、緩やかに価格に追従する移動平均線を探している方に向いているインジケーターです。


移動平均線のダマしのシグナルに悩まされている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事