FXで何やっても勝てなくて、やったコト

感度を調整できる二重平滑指数移動平均線を表示するMT5インジケーター「Generalized_DEMA」

更新日時:2019年07月01日 06:35

Generalized_DEMAスクリーンショット


「Generalized_DEMA」は、Patrick Mulloyによって考案された二重指数平滑移動平均(DEMA)を、ベースにしたインジケーターでMladen Rakicによって開発されました。


「Generalized_DEMA」は、以下の方法によって算出されます。


ボリューム係数=1+「DEMA volume factor」


Generalized_DEMA=(ボリューム係数×N期間EMA)-N期間EMAのN期間EMA×「DEMA volume factor」


DEMAのボリューム係数は2に固定されていますが、Generalized_DEMAでは、任意の値に設定することができます。


インジケータを起動すると、チャート上に移動平均線が表示され、上昇している場合は緑色、下降している場合はオレンジで表示されます。


Generalized_DEMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Generalized_DEMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Generalized_DEMA

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでGeneralized_DEMAが表示されました。


Generalized_DEMAのパラメーター解説


Generalized_DEMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は「DEMA period」「DEMA volume factor」「Price」の3項目で、初期設定の値は「DEMA period」が14、「DEMA volume factor」が0.7、「Price」がcloseに設定されています。


「DEMA volume factor」は、ボリューム係数を設定する項目で、0~1の値を設定することができます。


DEMA period

DEMA算出期間

DEMA volume factor

ボリューム係数

Price

適用価格


ボリューム係数を高く設定するほど、インジケーターの反応を速くなりますが、その分ノイズも多くなります。


開発者によると、「DEMA volume factor」を1より高い値に設定すると、インジケーターが使用不可能になるため、入力できる値を1以下に制限しているとのことです。


これは「Generalized_DEMA」では、ボリューム係数を1+「DEMA volume factor」としてDEMAを算出しており、「DEMA volume factor」を1より高く設定してしまうと、オリジナルのDEMAのボリューム係数である2を超えてしまうためと考えられます。


好みの分かれるところではありますが、より反応速度の速いEMAを探しているという方は、試してみても良いかもしれません。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事