FXで何やっても勝てなくて、やったコト

複数の3重指数平滑移動平均の値をラインとヒストグラムで表示するMT4インジケーター「T3_ALPHA」

更新日時:2019年08月15日 08:52

T3_ALPHAスクリーンショット


「T3_ALPHA」は、算出期間の異なる6種類の3重指数平滑移動平均の値を、サブウィンドウを上に表示するインジケーターです。


インジケータを起動すると、各3重指数平滑移動平均の値がラインとヒストグラムで表示されます。


「T3_ALPHA」の算出方法は以下の通りです。


b2=「b」×「b」


b3=b2×「b」


c1=-b3


c2=3×(b2+b3)


c3=-3×(2×b2+b+b3)


c4=(1+3×b+b3+3×b2)


n=1+0.5×(「MA_Period」-1)


w1=2 /(「MA_Period」 + 1)


w2=1-w1


e1=w1×終値+w2×前のe1


e2=w1×e1+w2×前のe2


e3=w1×e2+w2×前のe3


e4=w1×e3+w2×前のe4


e5=w1×e4+w2×前のe5


e6=w1×e5+w2×前のe6


T3_ALPHA=c1×e6+c2×e5+c3×e4+c4×e3


T3_ALPHAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

T3_ALPHAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


T3_ALPHA

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでT3_ALPHAが表示されました。


T3_ALPHAのパラメーター解説


T3_ALPHAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「T3_ALPHA」のパラメーターは、平滑化期間を設定する項目と平滑化因数を設定する項目で構成されています。


MA_Period_1

平滑化期間1

MA_Period_2

平滑化期間2

MA_Period_3

平滑化期間3

MA_Period_4

平滑化期間4

MA_Period_5

平滑化期間5

MA_Period_6

平滑化期間6

b

平滑化因数


平滑化期間を0に設定することで、不要な3重指数平滑移動平均を非表示にできます。


各ラインのゴールデンクロスは、相場が上昇トレンドに転換した可能性を示しており、デッドクロスは下降トレンドに転換した可能性を示しています。


実際の相場でどの程度うまく機能するのか、十分にテストを行った上で使用することをおすすめします。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事