FXで何やっても勝てなくて、やったコト

OSMAを1本のラインで表示し、ボリンジャーバンドを加えたMT4インジケーター『bb_osma』

更新日時:2020年03月21日 15:45

bb_osmaスクリーンショット


OSMA(Moving Average of Oscillator)は、MACDラインとMACDシグナルの差を求めたもので、MACDと組み合わせて使用することで、値動きの転換を早い段階で捉えることができます。


「bb_osma」は、このOSMAをベースにしたインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. MACDを使用している方

  2. OSMAの変動幅を分析したい方


この記事ではそういった方のために、「bb_osma」について解説していきます。


  1. bb_osmaの概要
  2. bb_osmaを表示する方法
  3. bb_osmaのパラメーター解説
  4. まとめ

bb_osmaの概要


「bb_osma」は、通常ヒストグラムで表示されるOSMAを一本のラインで表示し、さらにボリンジャーバンドを加えたMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像の様に、OSMAを表す赤と緑のドットで構成されたライン、青線と黄線で構成されたボリンジャーバンドが表示されます。


このインジケーターでは、OSMAが上向きのときに緑のドットを表示し、逆に下向きのときに赤色のドットを表示します。


また、ボリンジャーバンドも通常と同じように変動が収まるであろう目安として使用でき、ほとんどのOSMAの値がバンド内に収まります。


OSMAは、MT4に最初からインストールされているインジーターの1つで、「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」から表示させることができます。


使用する際の注意点として、このインジケーターではOSMAをヒストグラムではなく1本のラインで表示しているため、0ラインが若干見にくくなるので、水平線を引くなどの工夫が必要な点に注意してください。


bb_osmaを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

bb_osmaのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


bb_osma


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


bb_osmaのパラメーター解説


bb_osmaパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Fast EMA Period

短期EMAの期間


初期値:26


短期指数平滑移動平均線の反応速度が変化します。

SlowLEMA Period

長期EMAの期間


初期値:130


長期指数平滑移動平均線の反応速度が変化します。

Signal EMA Period

シグナルラインの期間


初期値:13


シグナルラインの平滑化期間を設定します。

Srandard Deviation

偏差


初期値:2.0


ボリンジャーバンドの偏差を設定します。


「Signal EMA Period」はシグナルラインの平滑化期間を設定するための項目で、値を大きくするほどシグナルラインの表示が滑らかになります。


「Srandard Deviation」は、ボリンジャーバンドの偏差を設定するための項目で、値を大きくするほどボリンジャーバンドの幅が広くなります。


まとめ


「bb_osma」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. OSMAにボリンジャーバンドを組み合わせたインジケーター。

  2. ボリンジャーバンドはOSMAの変動が収まるであろう目安として使用できる。


「bb_osma」は、OSMAの変動幅の変化を分析したい方に向いているインジケーターです。


OSMAを使ったトレードをしている人にとっては非常に便利なインジケーターで、トレードの幅が広がるのではないでしょうか。

関連記事