FXで何やっても勝てなくて、やったコト

3本のMAがパーフェクトオーダーになったときにシグナルを表示するMT4インジケーター『EMA_5_10_34_Signal』

更新日時:2019年10月26日 06:29

EMAsignalトップ画像


「EMA_5_10_34_Signal」は、3本の移動平均線の配置にもとづいて、トレンドの方向を矢印で表示するインジケーターです。


「EMA_5_10_34_Signal」は、以下のような方におすすめのインジケーターです。


  1. 長期的なトレンドの方向を調べたい方

  2. 移動平均線を普段よく使っている方


この記事ではそういった方のために、「EMA_5_10_34_Signal」の使い方やパラメータについて解説します。


  1. EMA_5_10_34_Signalの概要
  2. EMA_5_10_34_Signalを表示する方法
  3. EMA_5_10_34_Signalのパラメーター解説
  4. まとめ

EMA_5_10_34_Signalの概要


「EMA_5_10_34_Signal」は、3本の移動平均線が短期・中期・長期と綺麗に並んで価格と同じ傾きになっている状態、所謂パーフェクトオーダーになったときにシグナルを表示するインジケーターです。


上向きのパーフェクトオーダー(3本のMAが上から短期・中期・長期)になったときに上向きの青矢印を、下向きのパーフェクトオーダー(3本のMAが下から短期線・中期・長期)になったときに下向きの赤矢印を表示します。


パーフェクトオーダーが現れているということは現行トレンドの勢いが強いことを意味するので、トレンドに沿ったトレードができますが、このインジケーターを使ってパーフェクトオーダーが現れたタイミングでエントリーするのではなく他のインジケーターと併用して多くの根拠が揃ってからエントリーしたほうが良いでしょう。


なお、このインジケーター単体では移動平均線自体は表示されないため、別途移動平均線も一緒に表示させた方が、インジケーターの動作を確認しやすいでしょう。


EMA_5_10_34_Signalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

EMA_5_10_34_Signalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


EMA_5_10_34_Signal


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


EMA_5_10_34_Signalのパラメーター解説


EMAsignalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。



「EMA_5_10_34_Signal」のパラメーターは、各移動平均の算出期間と算出方法を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

FasterMA

短期移動平均線の期間


初期値:5


値を大きくするほど、価格に対する短期移動平均の反応が緩やかになります。

FasterMode

短期移動平均線の算出方法(0=SMA, 1=EMA, 2=SMMA, 3=WMA)


初期値:1


短期移動平均の価格への反応速度が変化します。

MediumMA

中期移動平均線の期間


初期値:10


値を大きくするほど、価格に対する中期移動平均の反応が緩やかになります

MediumMode

中期移動平均線の算出期間(0=SMA, 1=EMA, 2=SMMA, 3=WMA)


初期値:1


中期移動平均の価格への反応速度が変化します。

SlowMA

長期移動平均線の算出期間


初期値:34


値を大きくするほど、価格に対する長期移動平均の反応が緩やかになります。

SlowMode

長期移動平均線の算出方法(0=SMA, 1=EMA, 2=SMMA, 3=WMA)


初期値:1


長期移動平均の価格への反応速度が変化します。


別途移動平均線を表示させる場合は、ここの設定と同じものを表示させましょう。


算出方法は4種類から選択することができ、SMAは単純移動平均、EMAは指数平滑移動平均、SMMAは平滑移動平均、WMAは加重移動平均を意味しています。


算出方法によって、価格への反応の仕方が変化しますので、いくつか試した上で自身に合ったものを選択すると良いでしょう。


まとめ


「EMA_5_10_34_Signal」の使い方やパラメータの設定について解説しましたが、要点をまとめると以下の通りです。


  1. パーフェクトオーダーにもとづいて矢印を表示する。

  2. 上昇トレンドでは上向きの青い矢印を表示。

  3. 下降トレンドでは下向きの赤い矢印を表示。

  4. エントリーするタイミングの分析はできない。


パーフェクトオーダーが形成されるまでには、それなりの時間がかかるため「EMA_5_10_34_Signal」は、長期的なトレンドを捉えたい方に向いているインジケーターと言えます。


トレンドの方向を分析することができますが、エントリーのタイミングを計ることができるインジケーターではないため、他のインジケーターと組み合わせて使用することをおすすめします。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事