FXで何やっても勝てなくて、やったコト

短期と長期の移動平均線をローソク足の実体が突き抜けたときにシグナルを表示するMT4インジケーター『ma_pricecrossover_alert』

更新日時:2019年11月28日 09:16

ma_pricecrossover_alertスクリーンショット


移動平均線とローソク足の接触を、通知してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「ma_pricecrossover_alert」は、2本の移動平均線とローソク足の接触をアラートで通知するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ローソク足と移動平均線の接触を何らかのシグナルとして使用している方

  2. チャートに長時間張り付いていることが難しい方


以上のような方のためにこの記事では、「ma_pricecrossover_alert」の使い方やパラメーターについて解説していきます。


  1. ma_pricecrossover_alertの概要
  2. ma_pricecrossover_alertを表示する方法
  3. ma_pricecrossover_alertのパラメーター解説
  4. まとめ

ma_pricecrossover_alertの概要


「ma_pricecrossover_alert」は、短期と長期の移動平均線をローソク足(価格)の実体が突き抜けたときにシグナルを表示して各種アラートでお知らせしてくれるMT4用のインジケーターで、短期と長期の移動平均線をローソク足が下から上抜けたときに上向きの緑矢印を、逆に短期と長期の移動平均線をローソク足が上から下抜けたときに下向きの赤矢印を表示します。


1本の移動平均線とローソク足のクロスだけでは騙しのシグナルが多発するため、短期と長期の2本の移動平均線を使用しているのかと思われますが、やはりどうしてもレンジ相場ではダマしシグナルが出てしまうため、短期と長期の移動平均線の期間を離して設定したり、他のインジケーターと一緒に使用したりすると良いかと思います。


また、このインジケーターはメールアラートに対応しているため、移動平均線と価格のクロス手法を使っている人で、あまりチャートに張り付きたくない人や、仕事などでチャートを見る時間が無い人にとっては、メールが来た時だけチャートを確認すれば良いので非常に便利なインジケーターではないでしょうか。


1本ではなく2本の移動平均線と価格のクロスをシグナルとすることで、確かにダマしシグナルは減っているように思えますので、2本の移動平均線の種類を違うものにしてみたり、他のインジケーターと併用したりすることで、更に信頼できるシグナルとなるかもしれません。

なお、このインジケーター単体では移動平均線は表示されないので、必要ならば別途追加しましょう。


ma_pricecrossover_alertを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ma_pricecrossover_alertのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ma_pricecrossover_alert


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ma_pricecrossover_alertのパラメーター解説


ma_pricecrossover_alertパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

SoundON

サウンドアラートのON/OFF


初期値:true


falseに設定するとサウンドアラートがOFFになります。

EmailON

メールアラートのON/OFF


初期値:false


trueに設定するとメールアラートがONになります。

FastMA_Mode

短期移動平均線の種類


初期値:1


短期移動平均線の種類を番号で設定します。

FastMA_Period

短期移動平均線の期間


初期値:20


短期移動平均線の反応速度が変化します。

FastPriceMode

短期移動平均線の適用価格


初期値:0


短期移動平均線の適用価格を番号で指定します。

SlowMA_Mode

長期移動平均線の種類


初期値:1


長期移動平均線の種類を番号で指定します。

SlowMA_Period

長期移動平均線の期間


初期値:34


長期移動平均線の反応速度が変化します。

SlowPriceMode

長期移動平均線の適用価格


初期値:0


長期移動平均線の適用価格を番号で指定します。


移動平均線の種類は、「m1」に記載されている番号で指定する必要があり、適用価格についても「pm1」から「pm4」に記載されている番号で指定する必要があります。


デフォルトでは5SMAと6SMAが設定されていますが、このままではあまりにもシグナルが多くなってしまうため、使用する時間足などに合わせて変更することをおすすめします。


まとめ


「ma_pricecrossover_alert」の使い方とパラメーターの設定方法を解説してきましたが、要点をまとめると以下の通りです。


  1. ローソク足が2本の移動平均線を下から上に抜けた場合は上向きの緑矢印を表示する。

  2. ローソク足が2本の移動平均線を上から下に抜けた場合は下向きと赤矢印を表示する。

  3. サウンドアラートとメールアラート機能が付いている。


「ma_pricecrossover_alert」は、ローソク足と移動平均線の接触をシグナルとして利用している方に、向いているインジケーターです。


アラート機能が付いているため、チャートに張り付いているのが難しい方にもおすすめです。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事