FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの転換をアラートで通知するMT4インジケーター「SMA_Cross_Over_ArrowAlert」

更新日時:2020年08月11日 15:13

SMA_Cross_Over_ArrowAlertスクリーンショット


トレンドの転換を知らせてくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「SMA_Cross_Over_ArrowAlert」は、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスをもとにマーカーを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を分析したい方

  2. チャートに張り付いているのが難しい方


上記のような方のためにこの記事では、「SMA_Cross_Over_ArrowAlert」について解説します。


  1. SMA_Cross_Over_ArrowAlertの概要
  2. SMA_Cross_Over_ArrowAlertを表示する方法
  3. SMA_Cross_Over_ArrowAlertのパラメーター解説
  4. まとめ

SMA_Cross_Over_ArrowAlertの概要


「SMA_Cross_Over_ArrowAlert」を起動すると、チャート上に青い上向きの矢印と赤い下向きの矢印が表示されます。


青色の矢印が表示されたポイントは、移動平均線がゴールデンクロスしたポイントです。


一方、赤色の矢印は移動平均線がデッドクロスしたポイントを示しています。


矢印が表示された場合、アラートで通知することもできるため、チャートに張り付いている必要もありません。


使用可能なアラートは、サウンドアラート、ポップアップアラート、メールアラートの3種類です。


SMA_Cross_Over_ArrowAlertを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SMA_Cross_Over_ArrowAlertのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SMA_Cross_Over_ArrowAlert


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SMA_Cross_Over_ArrowAlertのパラメーター解説


SMA_Cross_Over_ArrowAlertパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

FasterSMA

短期単純移動平均の算出期間


初期値:14


短期単純移動平均線の反応速度が変化します。

SlowerSMA

長期単純移動平均の算出期間


初期値:34


長期単純移動平均線の反応速度が変化します。

SoundAlert

サウンドアラートの有効・無効


初期値:1


0に設定するとサウンドアラートが無効になります。

PopUpAlert

ポップアップアラートの有効・無効


初期値:1


0に設定するとポップアップアラートが無効になります。

BuySoundFile

買いアラートのサウンドファイル


初期値:alert.wav


買いアラートが発せられた時に再生する音声ファイルを指定します。

SellSoundFile

売りアラートのサウンドファイル


初期値:alert2.wav


売りアラートが発せられた時に再生する音声ファイルを指定します。

EmailAlert

メールアラートの有効・無効


初期値:1


0に設定するとメールアラートが無効になります。


「SoundAlert」「PopUpAlert」「EmailAlert」は、各アラートの有効・無効を設定するための項目です。


1に設定した場合はアラートが有効になり、0に設定した場合は無効になります。


まとめ


「SMA_Cross_Over_ArrowAlert」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均線の交差をもとに矢印を表示する。

  2. 青色の矢印が表示されている場合はゴールデンクロスが発生したことを示している。

  3. 赤色の矢印が表示されている場合はデッドクロスが発生したことを示している。

  4. サウンド、ポップアップ、メールによるアラートを使用可能。


「SMA_Cross_Over_ArrowAlert」は、トレンドが転換したことを知らせてくれるインジケーターを探している方におすすめです。


チャートに張り付いていることが難しい方は、導入を検討してみると良いでしょう。

関連記事