FXで何やっても勝てなくて、やったコト

単純移動平均線が交差した方向を矢印で表示するMT4インジケーター「SMA-Crossover_Signal」

更新日時:2020年08月13日 12:11

SMA-Crossover_Signalスクリーンショット


移動平均線を表示せずに、移動平均線がゴールデンクロス・デッドクロスしたことを確認できればと考えたことはないでしょうか。


「SMA-Crossover_Signal」は、移動平均線が交差した方向に応じて矢印を表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. 移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスでトレンドの方向を確認している方

  2. チャートに表示するインジケーターの数を少なくしたい方


以上のような方のためにこの記事では、「SMA-Crossover_Signal」について解説します。


  1. SMA-Crossover_Signalの概要
  2. SMA-Crossover_Signalを表示する方法
  3. SMA-Crossover_Signalのパラメーター解説
  4. まとめ

SMA-Crossover_Signalの概要


「SMA-Crossover_Signal」を起動するとチャート上に緑色と赤色の矢印が表示されます。


ゴールデンクロスが発生したポイントには緑の上向きの矢印が表示されます。


デッドクロスが発生した方がポイントには赤の下向きの矢印が表示されます。


「SMA-Crossover_Signal」に用いられている移動平均線は、単純移動平均に固定されており、変更はできません。


SMA-Crossover_Signalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SMA-Crossover_Signalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SMA-Crossover_Signal


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SMA-Crossover_Signalのパラメーター解説


SMA-Crossover_Signalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「SMA-Crossover_Signal」のパラメーターは、2つの移動平均線の算出期間を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

FasterSMA

短期SMAの期間


初期値:9


単純移動平均線の算出期間を設定します。

SlowerSMA

長期SMAの期間


初期値:18


長期単純移動平均線の算出期間を設定します。


「FasterSMA」は短期単純移動平均線、「SlowerSMA」は長期単純移動平均線の算出期間を設定するための項目です。


算出期間を長くした場合、価格の変化に対する反応が緩やかになります。


反対に短く設定した場合、値動きへの反応が速くなります。


まとめ


「SMA-Crossover_Signal」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 単純移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスが発生したポイントに矢印を表示する。

  2. ゴールデンクロスが発生したポイントには上向きの緑の矢印が表示される。

  3. デッドクロスが発生したポイントには下向きの赤い矢印が表示される。


「SMA-Crossover_Signal」は、移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスでトレンドの方向を確認している方に向いているインジケーターです。


移動平均線を表示する必要がないので、チャートに表示するインジケーターを極力少なくしたい方は、導入を検討してみると良いでしょう。

関連記事