FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2本の移動平均線の交差を矢印とアラートで通知するMT4インジケーターを表示する「wajdyss_MA_indicator_v2」

更新日時:2019年06月11日 04:56

wajdyss_MA_indicator_v2スクリーンショット


移動平均線を使った取引の手法には様々なものがありますが、おそらく最も知られているのは短期の移動平均線と長期の移動平均線のゴールデンクロス/デッドクロスをシグナルとして取引する方法ではないでしょうか。


「wajdyss_MA_indicator_v2」は2本の移動平均線によるゴールデンクロス/デッドクロスを矢印でチャート上に表示し、アラートで通知するインジケーターです。


インジケータを起動するとローソク足の上か下に矢印が表示され、ゴールデンクロスしたポイントには上向きの緑色の矢印、デッドクロスしたポイントには下向きの赤い矢印が表示されます。


移動平均線が交差するとアラートが表示され、メッセージにはエントリーの水準も表示されます。


wajdyss_MA_indicator_v2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

wajdyss_MA_indicator_v2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


wajdyss_MA_indicator_v2

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでwajdyss_MA_indicator_v2が表示されました。


wajdyss_MA_indicator_v2のパラメーター解説


wajdyss_MA_indicator_v2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの設定項目は移動平均線に関する項目、アラートに関する項目、テキストに関する項目が設けられています。


移動平均線の算出方法と適用価格は「MA_Method」「Apply_to」に記載されている数字を入力して指定する必要があります。


MA_Method

0 = Simple, 1 = Exponential, 2 = Smoothed, 3 = Linear Weighted

Apply_to

0=Close, 1=Open, 2=High, 3=Low, 4=Median, 5=Typical,6=Weighted Close

Fast_MA_Period

短期移動平均線の算出期間

Fast_MA_Shift

短期移動平均線のシフト

Fast_MA_method

短期移動平均線の算出方法

Fast_MA_Apply_to

短期移動平均線の適用価格

Slow_MA_Period

長期移動平均線の算出期間

Slow_MA_Shift

長期移動平均線のシフト

Slow_MA_method

長期移動平均線の算出方法

Slow_MA_Apply_to

長期移動平均線の適用価格

alert

アラートの有効/無効

file

アラートの音声ファイル名

TextSize

テキストのサイズ

TextColor1

テキスト1の色

TextColor2

テキスト2の色

TextColor3

テキスト3の色

TextColor4

テキスト4の色

TextColor5

テキスト5の色


移動平均線のゴールデンクロス/デッドクロスを用いたエントリー方法は、動意の薄い相場ではダマしのシグナルが多くなる傾向にあり、「wajdyss_MA_indicator_v2」でもそれは同じです。


そのため、そういった状況でこのインジケーターを使用するのは避けるようにしましょう。


移動平均線の交差をアラート通知するインジケーターをお探しの方は一度「wajdyss_MA_indicator_v2」を試してみるのも良いかもしれません。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事