FXで何やっても勝てなくて、やったコト

高値・安値から算出した移動平均線をもとにトレンドの方向を矢印で表示するMT4インジケーター「WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2」

更新日時:2019年06月12日 07:50

WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2スクリーンショット


「WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2」は、2本の移動平均線をもとにシグナルを発するインジケーターで、Wajdi MURADによって開発されました。


このインジケーターで使用される2本の移動平均線は、算出期間をずらしたものではなく、高値をもとに算出したものと、安値をもとに算出したものが用いられています。


インジケーターを起動すると緑色のラインと赤色のラインが表示され、緑色のラインはSSLU、赤色のラインはSSLDと呼ばれます。


SSLUがSSLDを上回ると上昇シグナルを示す上向きの緑色の矢印、反対にSSLUがSSLDを下回ると下降シグナルを示す下向きの紫色の矢印が表示されます。


WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでWAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2が表示されました。


WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2のパラメーター解説


WAJDYSS_SSL_channel_chart_alert_indicator_v2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は、移動平均線に関する項目、アラートに関する項目、テキストの色に関する項目が設けられています。


Lb

移動平均の算出期間

alert

アラートの有効/無効

TextColor1

テキスト1の色

TextColor2

テキスト2の色

TextColor3

テキスト3の色

TextColor4

テキスト4の色


価格の向かっている方向を矢印で表示するので、使い方は明快で分かりやすいインジケーターと言えます。


ボックス相場ではダマしのシグナルが多くなる傾向にありますので、そういった状況でこのインジケーターを使用するのは避けた方が良さそうです。


ADXなどトレンドの存在を分析するためのインジケーターと、組み合わせて使用した方が良いかもしれません。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事