FXで何やっても勝てなくて、やったコト

線形加重移動平均線のゴールデンクロス/デッドクロスをアラート通知するMT4インジケーターを表示する「WeightedCross」

更新日時:2020年09月08日 20:19

WeightedCrossスクリーンショット


移動平均線はトレンドフォロー系のインジケーターとして広く使用され、様々な手法が存在しますが、算出期間の異なる2本の移動平均線を用いたゴールデンクロスとデッドクロスで、トレンドを判断する手法が最も有名なのではないでしょうか。


「WeightedCross」は、算出期間の異なる2本の線形加重移動平均線の、ゴールデンクロスとデッドクロスをアラートで通知するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスをシグナルとして使用している方

  2. 移動平均線の交差を見逃したくない方


以上のような方のためにこの記事では、「WeightedCross」について解説します。


  1. WeightedCrossの概要
  2. WeightedCrossを表示する方法
  3. WeightedCrossのパラメーター解説
  4. まとめ

WeightedCrossの概要


インジケーターを起動すると算出期間の短い線形加重移動平均線が赤色、算出期間の長い線形加重移動平均線が青色で表示されます。


移動平均線同士が交差すると交差した方向に応じて「up cross」「down cross」といたメッセージがアラートウィンドウに表示されます。


持ち合い相場などの動意の薄い相場では、ダマしのシグナルを多くなりますので注意が必要です。


WeightedCrossを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

WeightedCrossのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


WeightedCross


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


WeightedCrossのパラメーター解説


WeightedCrossパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「WeightedCross」のパラメーターは、2本の移動平均線の算出期間を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Fast_Period

短期線形加重移動平均線算出期間


初期値:13


短期LWMAの反応速度が変化します。

Slow_Period

長期線形加重移動平均線算出期間


初期値:20


長期LWMAの反応速度が変化します。


「Fast_Period」は、短期線形加重移動平均線の算出期間を設定するための項目です。


短期移動平均線の反応を俊敏にしたい場合は、算出期間を短く設定すると良いでしょう。


ただし、反応速度が速くなる反面、ノイズが多くなりダマしのシグナルが出やすくなるので注意が必要です。


パラメーターは算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成ですので、初心者の方でも扱いやすいのでしょう。


「Slow_Period」は、長期線形加重移動平均線の算出期間を設定するための項目で、「Fast_Period」と同じように値によって反応速度が変化します。


まとめ


「WeightedCross」の特長は以下の通りです。


  1. 算出期間の異なる2本の線形加重移動平均線の交差をアラートで通知する。

  2. 線形加重移動平均線が赤色、長期線形加重移動平均線が青色で表示される。

  3. 交差した方向に応じて「up cross」「down cross」というメッセージが表示される。


「WeightedCross」は、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスを見逃したくないという方に向いているインジケーターです。


移動平均の種類が線形加重移動平均に固定されているため万人向けとは言えませんが、移動平均線の交差をシグナルとして使用している方は、導入を検討してみると良いでしょう。

関連記事